いつもの生活に一工夫 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 2月 7日 いつもの生活に一工夫

調布校のblogをご覧の皆さん、こんにちは!

担任助手の川添です。

受験生はいよいよ勝負の時ですね!

今までの努力を思う存分ぶつけてください!

今の君たちに特に言うことはありません!

今では自分から考えて効率的な勉強をできているかと思います。

最後の最後まで諦めない人が勝つ世界ですので、最後まで抜かりなくやりきりましょう。

さて、本日のblogでは主に来年再来年に受験を控えている生徒に向けた内容を発信していきたいと思います。

まず低学年の皆さんには今ではの受験生の姿を目に焼きつけておいてほしいです。

これは今しかできないことであり、校舎での先輩の姿は勇敢なものだと思います。

もちろん、学校の先輩でもいいですし、兄弟でも構いません。

担任助手をやっていると必ずといって良いほど

「あのときにやっておけば良かった」

「もっと早くスタートするべきだった」

という声が聞こえてくるものです。

低学年の皆さんはこれを真摯に受け止める必要があります。

特に身近な先輩の言葉はありがたく参考にしてみてください。

早くやっておけば良かったと思うのは必ずといって良いほど後になってからしか分からないものです。

部活生とかは引退式などでそれを痛感すると思います。

私はただ一つだけ低学年だったこの時期に意識していたことがあります。

部活動も頑張っていましたし同じ境遇の人は多いはずですが、自分は

学校の勉強

を徹底していました。

毎週行われる英単語テストから定期試験の対策までです。

特に小さなことほど意識をしました。

実際定期試験の対策はどの生徒も必死でやるのでそれほど差はつきませんが、小さなことほど周りは見落とし勝ちです。

逆にここを自分が押さえておけば少しだけ優位にたてます。

他にもこうしたチャンスはごろごろ転がっています。

自分から発見できるようになると「受かる受験生」に近づけるはずです!

日々の学習でも何かしらの工夫をする癖をつけましょう!

最後になりましたが、最近インフルが流行っていると耳にします。

体調にはくれぐれもお気をつけください!

最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

明日は黒木担任助手が担当します。

Don’t miss it !!!