かけいの英語勉強法 (夏前) | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 5月 20日 かけいの英語勉強法 (夏前)

 

 

調布校ブログを御覧の皆さん お久しぶりです!

サークルが抽選制で何処のサークルにも入れなかった

サークル難民掛井悠太です。

今皆さんはどんな勉強をしていますか?

私はこの時期毎日英語の勉強に没頭していました。センターの点数を凄く気にしていたので(気にすることはない)早く点数を上げるのに必死でした。その為4月の模試では6割ほどだったのですが、8月模試では9割を突破することに成功しました。

私のその頃の勉強を紹介しますので、気に入ったら参考にしてやってください。

1、計画を立てる

ガムシャラに勉強するのは、なんだか時間を無駄にしているように思ったりしませんか?私はそう思ってメモ用紙に今日の勉強の流れを分単位で刻んで、それの時間枠を超えたらつぎの勉強に移るというのをしていまして、これならダラダラやるよりも効率的にできます。

2、習慣化

これはもう皆さん実践していると思いますが、毎日繰り返しやるツールを持っておくことはとても強みになります。例えば、受付の所にある高速基礎マスターの紙タイプのやつを毎日やる(私は毎日パソコンのをやる代わりにやっていました)とか、文法の参考書、ネクストステージやフォレスト、を毎日やる(これも毎日やっていました)などなどです。習慣は第二の天性なり、という言葉があるくらい習慣は鬼です。

3、毎日校舎に行く

実はこれが一番重要です(担任助手だから言っているのではなく)。毎日校舎に行くことで勉強の習慣化はもちろんのこと、競争意識を煽ることができます。もうひとつメリットがあります。毎日来て量をこなすことによって、その科目の勉強を俯瞰して見ることができるようになります。そうすると、文法の勉強をしなくても英語で文法をミスらない、みたいな現象が起こると思います。

 

この時期は伸び悩むことが多いと思いますが、諦めずに継続してください!!!

最後までこんな文章を読んでくださりありがとうございます。

次回お見逃しなく!

Don`t Miss It!