きちんと模試を活用してる? | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 6月 26日 きちんと模試を活用してる?

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆さん、

こんにちは!!

先日鎌倉に行って日本の良さを再確認してきました。

齋藤です!!

しらす丼を食べたのですが、本当においしかったです。

小町通りはとても見どころが多いですね。

/

さて、今回のテーマは「夏休み前の入試基礎レベルの勉強法」です。

夏休みにセンター演習をしたいなら、夏休み前に基礎が固まっていなければいけませんよね。

みなさん、基礎が固まっている自信はありますか?

基礎が固まっているかを判断するひとつの材料として、

「模試」があります。

「どうせいい点とれないし、、、」「面倒だし、、、」と

模試を受けないこともあるという人がいるのではないかと思います。

/

はっきり言って

もったいない!!!!

/

模試を受けている間が一番学力が伸びる言われているのをご存知ですか?

“当日受験”をすることで、より受験本番に近い緊張感を体験することができます。

また、模試の結果を見て、今の勉強方針が合っているのかを確認することもできます。

点数を大問・分野別で分析すれば、自分の苦手をさらに細かく分析できるので、点数も伸ばしやすいです。

このように、模試をきちんと受けることはメリットばかりです。

模試を毎回欠かさずに受験し、

結果から苦手分野を分析し、

解説を読み自分がつまずいたところとノートを照らし合わせ、

必要なら再受講する。

というのが私がおすすめしている入試基礎レベルの勉強法です。

自分がどの段階でつまずいているのかを分析することで、

単語、熟語、文法なら高速基礎マスター、

構文読解なら文を構成する要素を分解、

速読なら音読や時間制限を設けて負荷をかけるなど、

最適な方法でより効率的に得点をアップさせることができます。

ただやみくもに勉強するのではなく、

効率的に苦手をつぶすことで最短距離の合格を目指しましょう!

/

それでは明日のブログも

Don’t miss it!!!