受験の後には、、 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 12月 15日 受験の後には、、

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆さん、

こんにちは!

理系大学生特有の苦悩、実験レポートがついに、今学期ラストを迎えてやる気に満ちあふれている中村です。

大学もしくは学部などにもよりますが、理系大学を目指している皆さん、実験をしたら長いレポートを書くということは宿命です。

大学に入学した直後は大変に感じますので、その時が来るということは覚悟しておいた方がよいかもしれません!

身をもってお伝えいたします。

さて、今回は受験をするにあたり考えておくべきことをお伝えしようと思います。

それはずばり、今志望している大学に行けた後の大学生活のことです!

受験で第一志望校に合格したものの、大学生活が期待外れになってしまったり、自分の思い通りにいかなかったとしたらとても残念ですよね?

それでは苦労して受験勉強をしてきた意味がありません。

期待外れの大学生活を送らないために今から何ができるのでしょうか?

計画をする。

これにつきます。大学生活を送るにあたって、常に意識しておかなければならないことがいくつかあるので紹介しようと思います。

①学費

大学に行く上でまず第一に必要なものがお金です。

自分が置かれている環境によって異なると思いますが、私の例を挙げると、2年時以降は自分で学費を払うということになっています。

ですので、この時期には奨学金の申請、手続きなどをやっていました。奨学金などは様々なところが行っているので早めに検討をつけておく必要があります

今の時点で学費はどのように払っていくか決まっていないという人はすぐに親御さんに相談しましょう!

②キャリア

これは大学生活を通じて何を得るのかということで、勉強ももちろんこれに含まれています。

何せ時間があるのが大学生なのでその時間をどのように使うかは個人の意思に託されています。

就職に有利になるために資格を取得したい。→資格学習の計画を立てる。

将来のために貯金をしたい。→バイトの計画を立てる。

など、将来自分がなりたいと思う理想像から逆算をして計画を練りましょう!

③娯楽

遊べるときに遊んでおかないと将来後悔するというのが私の見解なので、友達と遊びに行くことなども考えるといいかもしれません。

勉強だけをやる大学生活よりは多少華があったほうが絶対に楽しいですよ。

ちなみに私はドライブが好きなので友達と日本の色々なところを回る計画を立てていました。

 

このようなことも含め、今志望している大学が自分の理想の大学生活を送れるための条件を満たしている環境が揃っているのかということを確認しておくべきだと思います。

大学生活は自由な分、様々なことの決断権利が個人に委ねられています。やり方次第で良い方にも悪い方にも転じてしまうのでしっかりと計画立てはしておきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。

明日のブログは担任助手です。

それでは明日も!!

Don’t Miss It!!!!!