失敗しにくい受講計画の立て方 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 9月 28日 失敗しにくい受講計画の立て方

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆さん、

こんにちは!!!

先日人生初の江ノ島に行ってきました。

齋藤です!!!

人生初とは言っても、橋を渡って江ノ島に上陸したことがなかっただけなんですけどね(笑)

夕方の江ノ島はとてもきれいでした。

一眼レフを持ってて良かった、、、

ところどころで金木犀の香りがするようになってきましたね

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、手洗いうがいはしっかりしましょう。

さて、今回のテーマは「この時期から冬休みに向けての勉強」ですね。

他の担任助手の方は高3生について書いているので、低学年について書きたいと思います。

東進では10月に学年が切り替わるので、今高2の人は受験生、高1の人は高2生、高0の人は高1生という扱いになります。

これを気に心を切り替えましょう。

そして、みなさんこの時期は受講ラッシュになると思います。

まだ受験勉強を始めていないライバルに差を付けるチャンス!!!

たっぷり時間が使える冬休みで苦手科目にケリをつけましょう。

そのために気をつけてほしいのが、「受講のペース」です。

計画を立てる時、その日に受けられる最大限の受講を入れようとする人が結構います。

皆さんは受講の計画を立てる際、期限だけでなく、「復習に使う時間」のことまで考えていますか?

何も考えずに受講の計画を立ててしまうと、受講は出来るけど復習する時間がないという状況に陥りがちです。

受講と復習はセットと考えて計画を立てると、失敗が少ないですよ。

また、受講後の確認テストは必ずSS合格していますか?

SS合格はきちんと復習し、苦手が克服できたという証拠です。

S判定で止まるのではなく、SS判定にしてから次に進むようにしましょう。

修了判定テストも同じです。

修了判定テストは、受講後1週間以内に合格できなかった場合、向上得点が半分になってしまいます。

毎回きちんと復習していれば、1週間以内に合格できるはずです。

逆に1週間以上かかってしまうという人は、毎回の受講後の復習が不十分な可能性があります。

復習方法を見直してみて下さい。

明日のブログは福岡担任助手です。

Don’t miss it!!!!