もう一つの天王山 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 1月 23日 もう一つの天王山

 

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

担任助手1年の石水です。

 

大学では、いよいよ秋学期の試験が本格的に始まります。

前期教養課程で必要な授業の9割がたがこの秋学期までで終わるので、

この試験の結果で、専門課程で進める学部・学科が決まるといっても過言ではありません。

気を引き締めて臨みます。

 

受験生の皆さんは、センター試験から1週間が経過し、

この週末で最後の記述模試を受けたという方も多いのではないでしょうか。

お疲れ様でした。

 

しかし、ここで一息ついているわけにはいきません。

なぜなら、ここから個別試験までの数週間には大巾な得点力アップの可能性が秘められているからです。

この時間を最大限に使いこなせるかが、合否を分けるのです。

自分が受験生のときによく次のように言い聞かされていました。

受験には天王山が二つある。一つは高3の夏休み、もう一つは受験直前期だ。

高3の夏休みは膨大な時間のすべてを受験勉強に充てることができる人がほとんどなので、そこでの頑張り具合が大きな差を生みます。

受験直前期も、まとまった勉強時間を確保できる点では同じです。

それだけではありません。

もともと、受験勉強の計画というのは本番で点数を最大化するように立てますよね?

分かりやすいように、少し単純化して話を進めますが、

例えば、受験勉強の初期は基本事項のインプットや概念理解を優先するといった話です。

目先の模試の点数にこだわってやたらに模試の過去問を解きあさったりはしないですよね。

そうやって、基礎から徐々に段階を踏んできて、

今までの努力を最大限得点に反映する作業が今の勉強にあたるのではないでしょうか。

直前期の今こそ、まさに得点力がぐんぐん伸びている真っ最中ということです。

だからこそ、直前期でのわずかな努力の差が大きな得点差につながり得るのです。

よく言う話ですが「現役生は最後まで伸びる」とはこのことです。



そして、自分が受験生のとき、まさにこのことを実感しました。

当初の予定に比べて個別試験対策の進捗が極めて悪かったので、

センター試験の翌日に予定を立て直したのですが、

そのときに、第1志望の10年分の過去問を終えることすら厳しそうということが判明しました。

そこで一層危機感を強めた私は、「残りの1か月間、最善を尽くして、誰よりも努力する!」と心に誓いました。

そこからの1か月間は、とにかく第1志望の過去問に集中して過ごすことができました。

(私の場合、第2志望の国立後期で合格が計算できていたというのは大きいのですが)

とはいえ、センター翌週の最後の記述模試はまだセンターボケも抜けきらずに散々な結果でした。

返ってきた帳票を見てE判定だったときにはさすがに驚いて、

一緒に見てくれた先生もさすがにかける言葉がないという感じでしたが、

その模試の時点では、演習量が十分でなく、まだまだ伸びている途中だという信念が自分の中にはあったので、動揺はありませんでした。

とにかく、第一志望に受かることしか考えていなかったので、

受かる確率を少しでも上げるために何をすれば良いのか」だけを考えて過ごしていたのです。

その結果、本番では最終模試から100点、得点率にして2割以上アップして目標点(合格者平均程度)を突破し、合格することができました。



もちろん、皆が皆こんな風に伸びるわけではありません。

ただ、頑張り次第でこういった可能性も秘めているのだということを知っていてほしいです。

逆転合格を果たす受験生は毎年少ないながらも一定数はいるわけで、

今厳しい状況にある人は、どうやったら自分がそうなれるのかを考えて、全力を尽くしてほしいと思います。

いくら頑張ったところで落ちてしまう可能性はあるわけですが、

ボーダー付近の勝負では最後まで強い気持ちを持てるかどうかで変動するわずかな点数の差が、合否を分けることになるのです。

後悔を残さぬよう、最後の最後まで全力を尽くしていきましょう!!!

 

今日も最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございます。

明日は川添担任助手が担当します。

Don’t miss it !!!