エビングハウスの忘却曲線に学ぶ効率の良い勉強! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 4月 6日 エビングハウスの忘却曲線に学ぶ効率の良い勉強!

東進ハイスクール調布校のブログをご覧のみなさん

こんにちは!

本日のブログ担当は、小泉です!よろしくお願いします。

ついに、4月が始まりましたね!

多くの人にとって、いままでと変わった生活が始まると思います。

今年から大学生の人は、入学式があったりしてこれからの大学生活を楽しみにしていると思います。

そして、今年の4月から受験生のみなさんは、今まで以上にがんばって勉強していかなければいけませんね。

次のセンター試験まではとっくに一年を切っていますし、ここからの時期はすごくあっという間なので、

がんばっていきましょう!

さて、今回の東進ハイスクール調布校のブログのテーマは,「教科オススメ勉強法」です!

それぞれ、その日のブログ担当者が自分のすきな科目のオススメの勉強法を教えてくれているとおもいます!

皆さん参考にしてくださいね!

そして、参考になるか不安ですが(笑)、私は英語のオススメの勉強法を書いていきたいと思います!

まず、皆さん知ってのとおり英語の勉強をするにあたって最も大切で英語の基礎と言えるのは、英単語ですよね

そこで、英単語のオススメの勉強法を書きたいと思います!

まず、英単語って古文単語などに比べてすごく単語の数がおおいですよね

だから、英単語は覚えるのがすごく大変ですよね

そんな、英単語を覚えるのに大切なことは、毎日英単語を勉強するということです。

英単語より長文のほうが大切だから!とおもっていたりとか、単語やるのめんどくさいからと言って

やる日があったり、やらない日があっては、実はすごい効率が悪い勉強をしているんです!

みなさんは、エビングハウスの忘却曲線というのを聞いたことがありますか?

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスは、意味のない3つのアルファベットの羅列を、被験者にたくさん覚えさせて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかを実験し、調べました。その結果を、グラフ化したのが「エビングハウスの忘却曲線」というものです。

20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまうというらしいです。

つまり、単語の勉強をしても一日やらなければ、もし100個の単語を覚えたとしても74個以上を忘れてしまうということです。

その状態から、また単語を勉強しても前に覚えた単語の多くは忘れてしまっているのでまた覚えなくては、いけないので効率が悪くなってしまいますね

つまり、毎日勉強したからと言って100%の単語を覚えられるわけではないですが、毎日覚えることが一番効率がいいということが分かったと思います!

なので、英単語に限らず覚えたいものは必ず毎日やることが大切です!

僕も実際に受験生のときは、毎日100単語ずつ覚えていき、受験本番直前には、ほぼ完璧に覚えられたので一日で1800個の単語が載ってる単語帳を一周してました。

受験勉強は、時間との勝負でもありますし効率の良い勉強をしなくてはいけないので、エビングハウスの忘却曲線的にも毎日勉強しなくてはいけませんよ!

もちろん受験生は、いわれなくても毎日勉強していると思いますが。

英単語の勉強法といっていましたが、どの科目でも暗記の時には重要な内容だと思いますので、暗記が苦手な人や暗記が上手く行かない人は、是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

明日のブログ担当は、河野担任助手です!

それでは、あしたのブログもお楽しみに!

Don’t miss it!!