センター後のあなたに贈る | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 1月 19日 センター後のあなたに贈る

調布校ブログをご覧のみなさんこんにちは。

担任助手の平井涼真です。

 

本日のテーマは「この時期の過ごし方」ですが、

 

センター試験が終わって早数日…

みなさんの勉強量はセンター前と比べてどうですか?

 

上がっているならば結構。しかし下がっているなら要注意です。

 

昨年の僕は、正直に申し上げて

センター試験で失敗しました。

元々あまりセンター型の問題は得意ではなかったのですが、

予期もしない出来事がたくさんあってあまり集中できず、

得意であった国語で本来取れるはずだった点数の50点も下回った点数をたたき出し、かなり落ち込みました。

 

そこでふと思ったのです。

「これで終わっていいのか」

私大を志望する人にとって、正直センターなどセンター利用で合格できるかどうか程度の能力しか持ちません。

まして早慶上智などはセンター利用を導入していない(早稲田は7科でのみ)ため、

本来は「一般個別入試」が勝負です。

そうであるはずなのに「たかがセンター如き」で気持ちを落ち込ませていていいのでしょうか。

 

僕はここまで来たら自分の甘えた限界を超えなければならないと思い、

実力相応校に出願予定だったある受験日を、第一志望校の受験日に変更しました。

 

僕が今通っている「上智大学外国語学部ロシア語学科」は

この時出願した「第一志望校」です。

 

僕は今、センター後に追加出願したところに合格し、現在通っています。


人生何が起こるかわかりませんね。

正直な話、滅茶苦茶反対されました。

要は「受かると思われるところ」を「受かりたいとしか思えてないところ」に変えたわけですから、当然のことです。

皆さんにはこんな博打を打ってほしくはありませんね。

 

現役生にとってこの「センター後の期間」が一番実力が伸びます。

センター試験後、どれだけ自分が危機感を持ち、変化を望み、合格を切望するか。 

思いの強い者が合格するのです。

 

センター後、腑抜けていませんか?

 

まだ始まったばかり。

悔いのないように勉強するということは、自分が限界と決めつけたラインを勢いを持って破壊することです。

僕はあまり根性論や精神論が好きではありませんが、
ここから先は、如何に実力と伴った、あるいは過剰な自信を持つことが大きく影響してきます。

 

「瞬間最大風速」

 

東進ハイスクール英語講師 安河内哲也先生が仰った言葉です。

 

その日その時そのテストその問題で

一番の実力を出したものが合格します。

 

全身全霊で、あるいは死に物狂いで、心の底から頑張ったと言えるような自分を憑依させてみましょう。

 

まだやれることがある。
伸びしろがある。

 

明日のブログは福岡暁さんです。

お見逃しなく。