一歩先に踏み込む | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 4月 12日 一歩先に踏み込む

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは。

担任助手の平井涼真です。

今回は「教科の対策法」について話したいと思います。

受験の話をするとき、よく

「どんなやり方でやったんですか」とか

どんな参考書がいいんですか」と聞かれることがあります。

勿論そのような視点も重要ですし、受験生としても気になるところでしょう。

しかし、大学一年間を過ごしてみて思いました。

僕の周りには、ノウハウだけで勉強している人はいません

このブログを見て頂いている方には是非

ノウハウだけで終わらせない受験勉強について

少し考えて頂きたいと思います。

国語や英語の教科に対して勉強をしている方

多くの人が基礎として単語や文法をやっていると思います。

勿論結構。とても重要なことです。

しかし、個人的に感じたことがあるのは

「基礎だけやっていれば成績が伸びてくれるだろう」

という甘えです。

勿論今の時期は基礎を完成させる期間です。手を抜くことは許されませんし、得策ではありません。

しかし、基礎の安住から抜け出せていない人、いませんか。

僕個人の考え方として

「基礎はいつまでも続くものであるが、
抜け出さなきゃならないもの」

という思いがあります。

これは「基礎学力」のことではなく

「基礎勉強」のことです。

いつまでも単語帳を手放さず、長文は怖くて問題に手がいかないとか

単語単語ずっと言っていて応用的なことから逃げているとか

それは今、自分の勉強している内容が自分にとって「優しい空間」であり

「優しい空間」に自分がいることに甘えているとは思いませんか?

僕はよく、逆転合格であるとか、珍しいとか言われることがあるのですが、

これができたのは、薄っぺらい意味でない「上を目指す」ことをしていたからだと思っています。

この薄っぺらい意味でないというものの真意は

「覚悟があるか」どうかです。

上を目指すということは、自らを荒野に叩き込んでいるということです。

周りの人は「自分がいたい空間」にいて、満足している。

その中で自分だけが荒野で戦う覚悟を持つことが

「上を目指す」ことです。

志望校を口にする際、この「覚悟」があるかどうかで、その人の勉強の捉え方がわかります。

口先だけでは何とも言えますが、気迫がなければ何も得られません。

特にそれは国語と英語の捉え方で分かります。

僕が皆さんにオススメしたい2科目の勉強の仕方は

これら2科目の「一歩先」である

「文章読解力」にまで

自分の勉強を昇華させるということです。

作者の「なぜ」を捉えた出題者の「なぜ」を読むため、文章を持って勉強をする。

出題者の「なぜ」は答えとして現れます。

これが分かるようになるのは

「答え」でも「問題」でもなく

「問題」から「答え」へのプロセスです。

式にすれば

1+1=2

の1や2を理解するのではなく

6+□≒13?

という視点を自分の中に作るということです。

これができる人とできない人では

おそらく

「大学で得られるもの」

も変わってくるでしょう。

是非、自身に「抜本的な改革」を促してください。

明日のブログは福岡暁さんです。

 

Don’t miss it!

最新記事一覧

過去の記事