今のうちに考えておいてほしいこと  | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 10月 29日 今のうちに考えておいてほしいこと 

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは

とうとう11月が始まりますね!

暑さ引き続き暖かくなるのかと思いきやなかなか寒いがやってくるみたいです…

最近すでに寒さにやられてベッドからなかなか抜け出せない日々が続いているというのに…

我ながら自分の先が思いやられます。

しかし!

今学期の目標はGPAをあげること!つまりは大学の成績を上げること)

寒さに負けずに頑張っていきたいと思います。

皆さんも頑張って寒さに打ち勝ちましょう!!

さてさてここまで併願校の決め方について担任助手が書いてきましたが、

今回は、併願を決めるにあたってこの時期に考えておいた方がよかったなあ…

と私が受験生時代に後悔したことをお伝えしようと思います。

それは、大学の合否についてです。

…ざっくり言い過ぎました。笑

具体的に言うと

大学の合否をどの段階で誰が把握しておくべきか、ということを決めておいてほしい

ということです。

本命受験日よりも先に他大学の合格発表がある場合、

合格を知ることは、その後の受験の追い風につながります。

しかしその一方で安心してしまい、気が緩んでしまうケースも実際に、あります。

反対にもし不合格だった場合、悔しさをばねに頑張ることができる一方で、

落ち込んでしまい受験がしんどくなってしまう場合もあります。

人それぞれです。だから、自分の性格にあった対処法を決めてほしいです

ちなみに、私は全部親に合否を見てもらい、

落ちてても受かってても教えてもらわないことにしていました!

 

また、場合によっては入学手続き日が本命受験日より早いことがあります。

たとえば、第三志望校の入学手続きをした後、第二志望校を受験し、合格したとき

入学手続きが二重にかかってしまいます。

そしてもちろん、第三志望校の入学金は戻ってきません。

なので、入学手続きの優先順位を決めておいてほしいです

 

そんなのセンター終わってからでもいいじゃん!

と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、

マジで、センター後は日程的にも、心理的にも、今より余裕がなくなっています!!

だからこそ、決めておいてほしいのです。

 

なかなか現実的なことについて話していましたが、実際、これらのことをセンター後に決めた私は、この話を考えるために気が余計に滅入ってしまいました。

皆さんにはあんな疲れ方をしてほしくない…のでお伝えしています。

ぜひ参考にしてみてください!!

 

次回のブログも、、、、どんとみすいっと!!^^

最新記事一覧

過去の記事