卒業担任助手ラストメッセージ~part1~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 5月 2日 卒業担任助手ラストメッセージ~part1~

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

東進ハイスクール調布校担任助手の掛井です。

今年も桜が綺麗な季節がやってきましたね。

 

といえば皆さん花弁をイメージする人が多いかと思いますが夏の桜の青々とした緑も本当に綺麗なんですよ。

私は正直、夏の暑いのが大嫌いです。7月にうまれたので最初っから蒸し暑いのにはうんざりしていたんだ思います。

 

そんな季節になってきたところで私自身東進ハイスクールの担任助手を卒業いたします。

実は今回で掛井のブログは最後になります。

 

古代中国の自然哲学の思想の中で五行思想というものがあります。万物はからなるという思想です。

その中で皆さんがよく知る”青春”という言葉がでてきます。人生のなかの一番元気な時期を表す言葉です。

なので実は青春は高校生限定の言葉ではないので、私も青春真っただ中です!

夏の桜が好きといいましたが、やはりその”青さ”、”未熟さ”、”活力”に惹かれるのです。

 

毎日東進にきて勉強している皆さんは他の高校生と比べると自分が高校で青春できていないと思っていたりしませんか?

私はそんなことはないと思います。人間は未来を見る生き物です。今遊んでいる人たちも”将来勉強なんて役にたたない”と思って学生生活をエンジョイしているのでしょう。しかし皆さんは”将来のため、自分の夢のため”に勉強しているはずです。今できなくてもいくらでも青春はできます。

ちなみに青春には続きがあり”青春”、”朱夏”、”白秋”、”玄冬”とつづきます。この中の定義では青春は16歳から30歳まで続きます!

 

今志望校を目指して勉強している皆さん。私は受験勉強以上の青春はなかなかないとおもいます。部活をあまり真面目にやってきたほうではないのですが、自分の高校時代の青春といえば受験勉強でした。

多分あの頃以上の努力をすることは今後ないと思っているぐらいです。夏休みは発狂しながら朝五時から英語長文演習をして夜は11時まで音読をして寝ていました。今思えばめちゃめちゃ効率が悪いですよね。しかしその成果は8月の模試ででくれました。

この時期まで英語は120点くらい、日本史も50点台の私が英語では9割、日本史も7割まで伸びてくれました。

夏の自分に感謝です。

皆さんもそれくらい本気で受検にとり組んでみてください。

 

一部の生徒からいただいた意見の中で私のブログの内容が薄いというものがありました。

それに関しましては本当に申し訳ございませんでした。しかし私自身知る限りの情報を書いていたつもりです!

細かい予定ももちろん管理して勉強して行くのも大事なのですが、中ではなんだかの理由をつけて勉強しない人もいます。

私はそんな自分と似たような人間がちょっとでもやる気が出ればと思いブログを書いていました。

今回で最後となります。この担任助手という立場で力が及ばないこともたくさんありましたが、

何よりも皆さんから教えていただいた沢山のことを、たくさんの人に伝えて少しでも心をうごかせたらとおもいました

夏がこれからやってきます。本当の勝負はここからです。

今本気で青春を楽しんでください

これからも皆さんのことを応援しています!

一年間本当にありがとうございました。

 

明日のブログは侍になりたい西郷です!

Don’t miss it!

 

最新記事一覧

過去の記事