卒業担任助手ラストメッセージ~part2~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 5月 3日 卒業担任助手ラストメッセージ~part2~

東進ハイスクール調布校ブログをご覧の皆さん

 

こんにちは!

 

お久しぶりです!本日は西郷がお送りします。

 

新学年になってもう一ヶ月が経とうとしていますね

 

皆さん新しい環境には慣れましたか?

 

私は気づいたら大学二年生になっていて正直焦っています。

 

マツ◯・デラックスさんも言っていたのですが年をとるに連れて時間の流れが早く感じます。

 

ちなみにマツ◯さんは一年の体感速度はニヶ月だと言っていました(笑)

 

現在、高校生の方は今の時間を名一杯楽しんで欲しいと思っています。

 

今は緩やかな時間が流れているかもしれないですが、常に先のことを考えている人ほど時間の使い方が上手いので

 

周りの友達などお手本を見つけることから始めてみましょう!

 

さて、お気づきの方もいるかも知れませんが本日は西郷のラストブログになります。

 

ということは担任助手ではなくなるので皆さんとはお別れになります。

 

悲しいですね、、、

 

今日がブログという形で皆さんにお伝え出来る最後のチャンスなので長いですが見ていって下さい!

 

私は生徒の時から数えると約1年9ヶ月も東進にいました。

 

思い返すとたくさんの出来事があり、東進に入ったことは人生の転機だったと思います。

 

こんな感じで担任助手として偉そうにしてきましたが高校時代の自分は全くと言っていいほど世間知らずで馬鹿でした。

 

高校のランクは低く、その中でクラス最下位争いをしていて野球しか頭になかったそういうような人間でした。

 

そんな人が部活を引退した7月の終わりにノコノコと塾を探しに来て大学受験をしていたなんて恐らく、皆さんからしたらあり得ないと思います。

 

しかし、逆に考えて見るとそんな人間でも第一志望校に合格出来ているのです。

 

ただし決して簡単ではありませんでした。

 

模試の判定がE判定しか出たことがなくてホントにD判定以上あるの?と思ったこともありました。

 

そんな中で

 

私が第一志望校を目指すに当たって大切にしていたことが一つだけあります。

 

それは、後悔をしないことです。

 

言ってしまえば大学受験なんてしなくてもいいし、やりたい事があれば専門学校や就職をしてみっちり学べばいいのに大学受験という道を選んだわけです。

 

選択肢がある中でせっかく選んだなら全力で取り組まなきゃもったいないです。

 

私の場合は一秒でも無駄なことをしてしまったら後悔すると思ってるくらいのストイックさだったので時間をしっかり使えたのだと思います。

 

これを真似しろとは全く思いませんが皆さんも一つのこだわりを持ってやっていけたら何かが変わるかもしれません。

 

なので是非この機会に自分はどうしたいのかを考えてみて下さい!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。そして約一年間ありがとうございました!!

 

明日は今年からダイビングサークルに入るらしい中村担任助手です!

 

それでは明日も~

Don’t miss it!!

最新記事一覧

過去の記事