受験への思慮とアプローチと実践 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 2月 16日 受験への思慮とアプローチと実践

調布校ブログをご覧の皆さん

(ズトラーストヴィーチェ!)
Здравствуйте! 
(こんにちは@ロシア語)

花粉の季節に絶望している平井涼真です。

2月も中日を過ぎ、もうすでに後半戦ですね。

僕の在学している上智大学では、昨日までで
合格発表含めほぼ全ての入試行程が終了してしまいました。

合格された方は入学願書締め切りまでに必ず書類を出しましょうね。

残念ながら合格できなかった皆さん、
上智大学の日程はとても早く始まるため、まだ後ろに私大入試や国公立入試を控える人も多いでしょう。
しかしやる気を減退させてはいけません。
ソフィア・トラップ(上智受験後、出し切った感が出てその後の入試に影響を及ぼすこと)
にはまってしまってその後の入試に手がつかないともなるとかなり危険です。

私大入試も終盤。国公立もこれからです。
最後まで気を引き締め、
常に自分の実力がすべて発揮されるよう英気を養いつつ頑張っていきましょう!

さて前置きが長くなりましたが、本日のテーマは

「この時期の過ごし方。高1・2編」と題しまして、

僕が高2のころどうしていたか、
またそこから学んだ皆さんに伝えたいことを少し紹介しようと思います。

二年前になりますが、この時期僕は既に東進に入っており、受講を少しずつ進めていた頃でした。

国公立の志望も固まり、特に英語に力を入れようとしていた時期です。

しかし「高3・0学期」などと言われる中で、どこか頭の片隅に

「4月から本格的にやればいいや」

なんて思っていました。

動けているのに気持ちが追い付いていなかったんです。

そこで皆さんにお伝えしたいのは

高1・2のこの時期だからこそできること。

「気持ちの本格化」

です。

どうして私は大学に行きたいのか。

どうしてその大学を目指したいと思ったのか。

どうして勉強するのか。

大学受験を経て何をするのか。

将来何をしたいのか。

勉強をどう生かすのか。

等々様々考え得ることはあると思います。

「気持ちの本格化」をしていて、これからの大まかなビジョンが見えている人は、

自分が今どう動くべきなのかを自ずから理解できるでしょう。

しかし考えるためには材料が必要です。

友達に話してみる、そういうイベントに参加してみる、
学校の進路相談室に行ってみる、予備校を探してみる、
大学の情報を検索する、合格体験記を読んでみる、様々あります。

思慮とアプローチと実践は、この時期だからこそできる特権です。

正直な話

「自分の将来を考えてみろ」とか

「今自分は何をしたい?」とか聞かれても

難しいと思います。

しかしそれができる人がいて、彼らは大学受験にすでに着手することができている。

この差は1日毎に大きく広がっていきます。

その当時の僕は、これが理解できていたけれど実践できなかった。

大学生活をしていてふと思いますが、

理解していることは当たり前であり、

実践できているか否かが判断基準となってきます。

東進ハイスクール講師、林修先生は、

「いつやるか、今でしょ」のフレーズで広く有名になりましたが、

この言葉の意味は、とても重く、そして真理です。

思い立ったが吉日。

動き出しましょう。

ちなみに…

僕自身、大学受験の意味を考える機会が多くありまして、

受験を終えて大学に入った頃、やっとわかったことがあります。

「大学受験をする意味は、正しい答えを当てる能力を育成するのではなく、

問題から答えへと至るプロセスを理解し、導き、実践できる力を育成することである」

大学ではこの能力が問われますし、

社会にもなると、この能力よりもさらに高次元のものを要求されます。

意味ある大学受験にするためにも

実践は今。

明日のブログは福岡暁担任助手です。

明日のブログも

(パスマトリーチェ!)
Посмотрите!!
(見てね!)