夏休みは受験の天王山 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 8月 6日 夏休みは受験の天王山

こんにちは!

担任助手の末松です!

多くの学生が夏休みに突入している中

まだテストが残っています。

こんなに長い時間勉強させてくれる

大学に感謝です!!!!!

さて、今回のテーマは

[自分の受験生時代の夏休みの過ごし方]

についてお伝えします。

もう3年も前で忘れているかと思いきや

結構覚えているんですよね。

夏に濃い勉強ができたからだと思います。

夏休みはとにかくセンター試験対策でした。

英語・現社・物理・化学を10年分1周

数学を10年分2周

化学の対策が間に合わないので受講20コマ追加

さらにさらに大問分野別演習を超大量

高校の文化祭の準備もかなり参加したので

ウルトラ忙しかったですね。

これ全部をやりきるのは相当大変でした。

とにかく夏は

時間と質の確保

これです!

時間が足りなければ不可能ですし、

時間があってもちんたら勉強していては

目標得点まで届きません。

受験生にとってはこんなに時間を多くとれるラストチャンスです!

学校が始まってしまうとこんなに時間は取れませんよね。

なので1日の時間を詰めると

6時間睡眠
15時間勉強
3時間でご飯・移動・風呂

こんなかんじですね。

これをこなしてこそ真の受験生に
なれるのではないでしょうか。

 仮に15時間以上の勉強をすることができたら

夏を終えた自分の成績はどうなるだろうか。

そうやって自分の理想の姿をイメージして勉強すると

モチベーションを高く勉強できるはずです!

今はまだ目標まで遠かった第一志望が見えてくる。

そんな自分になるためにも全力で取り組みましょう!

そんな自分が想像できないあなたへ

夏休み中盤でダレてしまっているあなたへ

少し脅します。

仮に1日13時間勉強したとしましょうか。

1日に15時間やっている人とは
2時間の差が付きます。

また夏休みは残り約20日です。

15時間やっている人との
勉強時間の差は

40時間です。

80時間が何を意味するかというと

センター過去問5年分です。
(5教科7科目の場合です。)

センター過去問10年分です。
(3教科3科目の場合です。) 

これだけ演習量に差がついてしまいます。

常に時間をフル活用している人と

差は開くばかりです。

自分が勉強していない間にも

勉強を頑張っている人のことを

常に頭に入れておいてください。

また去年も伝えたのですが

僕の好きな格闘漫画のセリフを載せます。

これは主人公の兄がトーナメントで優勝するために
体を鍛えてきた時のセリフです。

「日に30時間の鍛錬という矛盾のみを
条件に存在する肉体!」

1日24時間しかないのに何を言っているんだと
最初は思ったのですが(笑)

それだけ濃密なトレーニングを積んで

鍛錬を行ってきたことがうかがえます。

よくこんな話を耳にしませんか?

「短い時間で集中して勉強するか
長い時間たらたら勉強するか」

多くの人がどちらかを選びますが、

最適解としては

「長い時間集中して勉強をする」

これだと思います。

長い時間集中して勉強ということから

逃げるため、正当化するために

どちらかを選択するというのは

長い時間集中して勉強をする方法を

 模索することすら放棄してしまいます。

逃げずに、長い時間集中して勉強する方法を
見つけることができたならば、

日に30時間(に匹敵する量)の勉強 

もできるのではないでしょうか。

夏休みが終わった時に

やりきったと思える夏休みにしましょう!

明日のブログは泊担任助手です!

Don’t miss it!!!!!