夏休みまでにやること〜受験生編〜 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 6月 5日 夏休みまでにやること〜受験生編〜

調布校のブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日の担当は中間試験が終わってホッとしている金児です!

(実はあと一科目残ってますが…)

 

今回は、受験生が

夏休みに向けて今やるべきこと

についてお話したいと思います。

 

まず初めに、受講はすべて終わっていますか??

中間試験が終わって一段落し、受講が疎かになっていませんか??

 

受講とは、基礎知識や概念を導入する過程、

つまりインプットの部分です。

インプットした知識は、実際に問題を解く際の土台になります。

そのため、受講=インプットがしっかり出来ていないと、

問題を解くことができないのです。

 

まだ受講が終わっていない受験生の皆さんは、

6月末までには終えられるように予定を立てましょう!

 

受講がたくさん残っている生徒、

予定の立て方がわからなかったり、予定を立ててもうまくいかないよーーという生徒は、

必ず!合格設計図作成会に参加しましょう!!

 

 

次に、受講が終わったら何をすればいいでしょうか??

 

たまに、「今日は何するの??」と聞くと、

「受講終わったんですけど、何したらいいかわからないです。とりあえず復習してます」

という生徒がいます。

 

確かに復習は大事です!

受講して終わりにしないで、確認テストや修了判定テストをSSがとれるまで受けてください。

さらに、解けなかった問題を時間をおいてまた解いてみるといいと思います。

 

ただ、復習ばかりしていて先に進めないのでは時間がもったいないので、

しっかり復習が済んだら次はアウトプットに移ります。

アウトプットとは、インプットした知識をもとにして実際に問題を解いてみることです。

 

今の時期であれば、センター過去問演習、

自分の持っている問題集、二次対策のための応用問題集…

などなど、たくさん問題を解いてください!

 

センター試験は時間との勝負です。

センター過去問演習をとっている生徒は、最初は時間制限なしに解いてみてもいいと思います。

 

理科や社会などの問題演習が足りないと思う生徒は、

自分の使っている問題集を解いてみてください。

 

私はセンター過去問演習をとっていなかったので、

この時期は理科や数学の問題集をひたすら解いていました。

おすすめのやり方は、東進のセンター試験本番レベル模試や学校のマーク模試などで得点が低かった範囲を、

単元ごとに学校の教科書や東進のテキストを使って復習し、問題集で解き直すという方法です。

 

インプット同様、アウトプットも一回やって終わりにせず、

一人で解けるようになるまで何回でも繰り返してください!

そして、わからなかった問題や忘れていたことは、教科書や参考書に戻って、

ここで必ず復習しなおしておきましょう!

 

高1、2の皆さん、受験生の皆さん、

今やるべき事をしっかり見据えて頑張りましょう!!

調布校のブログが皆さんの勉強の助けになれば嬉しいです!

 

明日の担当は木下担任助手です!

それでは明日も~

Don’t miss it !!!!!!