夏休み前はこれでしょ!Part6 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 6月 16日 夏休み前はこれでしょ!Part6

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

サークルのサマーコンサートが明日に迫り、ワクワクドキドキな高橋です!
ステージに乗る経験をあまりしたことがないので、緊張&失敗しないか不安ですが、楽しんでやろうと思います!(^^)

さて、今回のブログのテーマは

夏休み前の勉強法

ということなので、私の経験もふまえつつ、夏休み前の今、皆さんにやっておいてほしいことをお伝えしたいと思います!

一年前の今、私は受講が終わっていたので、物理・化学のインプット「1対1対応の演習」を使った数学の解法暗記を中心に進めていました。
英語は私にとって時間を割く余裕のある科目ではなかったのですが、毎日欠かさず触れることには気をつけていました。毎朝リスニングをして、スキマ時間にはターゲットを使って英単語・英熟語を繰り返し覚えていました。
国語に関しては、古文であれば単語・文法漢文であれば単語・句法、といった基本事項をなるべく早く覚えることに努めていました。

しかし

一年経った今も非常に後悔していることがあります。

それは、受講の復習を怠ったことです

私は、受講を終了したことに満足し、ろくに復習もせずに勉強を進めてしまいました。そのせいで、本来演習に時間を割くべき夏休みに、慌てて受講の復習をする羽目になりました。

特に物理について書かせていただくと、私は、学校の授業と教科書、東進のテキストを中心になんとなくインプットを進めていました。しかし、いまいちできるようにならず、結局夏休みの最後にスタンダード物理の受講の二周目を短期で終えたことで、やっと物理というものがはっきりしてきました。

私の受験の敗因の一つとして、この頃の学習の仕方が挙げられると思います。
皆さんはこうならないように、受講の復習をしっかりしてください!!確認テストに受かったとしても、一回受講しただけで復習をしなければ、確実に、受講でやった内容を忘れてしまいます。

復習するときは、1日後、1週間後、2週間後、1ヵ月…というようにこまめにやる方が効果的です。自分の手帳に、今日はこの復習をやる、というように毎日予定を書いておくと良いと思います。

夏にすべてができるわけではない。しかし、夏にしかできないことがある。

これは、かの林修先生がおっしゃっていた言葉です。夏休みにやるべき勉強をしっかり成し遂げるためにも、自己分析をしたうえで、今やるべき勉強を見極めて取り組むようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

明日のブログは、最近勤務が被りやすい泊(妹)担任助手です!

それでは、明日のブログも

Don’t miss it!