大根おどりの大学、実は?? | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 8月 30日 大根おどりの大学、実は??

皆さんこんにちは!

先週からの残暑に苦しんでいる西郷です…
もうすぐ9月ですね!とてもあっという間に過ぎた気がします。
 
私は甲子園が終わったら夏の終わりという認識がありますが、皆さんはどうですか?
 
この貴重な期間を自分なりに有効活用できたでしょうか?
 
実際に今週から二学期が始まる人もいるようです。ちなみに大学は来月の下旬あたりから後期が始まります!
 
今回のテーマは私達担任助手がいま学んでいることについてですが、恐らく他の人に比べて少し専門的な話になると思います!!
 
改めてご紹介すると東京農業大学国際農業開発学科に通っています。(通称:開発学科)
 
私の大学は基本的に実学主義を唱えていて特に開発学科は実習が命らしいです!
 
なので、あらゆる場所のあらゆる体験ができる農業実習の連絡が舞い込んできます。
 
今年行ったのは先月のブログに記載したものと、来週にある「作物、果樹、野菜、花弁、造園、機械、畜産、開発」を総合的に知るとともに自分の体得したい専門分野の知識を深める。というものらしいです(笑)
 
この大学に入って思ったことは、いままで高校でやってきた授業とはなんの関係もない内容であり、特別に知識がない限りは全く知らない事柄を0から学んでいかなければならないことです。
 
しかし、それが私には他にはない強みだと感じています!!!
 
夏休み前に受けた講義は栽培学農業環境科学などですが説明するとまた難しい話になってしまうのでまたの機会にしようと思います!
将来の就職先も研究室によって全然違うのです。
 
またまたちなみに、いま興味を持ち始めているのはコーヒーです。
 
コーヒーについてはもっと知ってからお話しします!!
 
今日のブログは結構深い内容まで紹介できたと思うので参考にしてくれたら幸いです!
 
それでは明日も~
 
Don’t miss it!!