学部と専門 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 4月 1日 学部と専門

調布校ブログをご覧の皆さん、
こんにちは!

本日のブログ担当は山中です。

今日は4月1日ですね!

新生活のスタートです。今日入学式を迎える大学も多いことでしょう!

この春大学生になる皆さん、ご入学おめでとうございます!

入学式ではたくさん写真を撮っておきましょう。一生ものです。

こちら、去年僕が参加した慶應大学の入学式の写真ですが雰囲気に圧倒されるやら実感がわかないやらで自分で撮影した写真はこの一枚だけです…(笑)

まあ記憶にはキッチリ残っているのでいいかなとも思っていますがやっぱり撮るに越したことはないかなと思います。

さて、今回のブログテーマは「自分の学部・学科のオススメポイント」ということで、僕の通う環境情報学部について紹介したいと思います。

いつかのブログでも何度かお話ししたかと思いますが、もう一年近く前の話ですのでもう一度詳しく僕の学部について書きたいと思います。

僕が通っているのは、慶應義塾大学の環境情報学部、キャンパスは湘南藤沢キャンパス、いわゆるSFCと呼ばれる辺境のキャンパスです。他に総合政策学部と看護医療学部もあります。

一応東進のブログなので、受験形態についても説明すると、慶應義塾大学の文系学部は一般的に英語、社会(日本史、世界史、地理)、小論文(学部によっては論文テストや数学を使うところもある)という感じなのですが、SFCは英語と小論文の2科目で受験することができます。社会がないのです。

他の私立大を見ても、この2科目で受験できる大学は少ないのではないでしょうか。しかし当然ですが、英語と小論文の配点が非常に高いです。
と、受験に関する説明をしたところで本題に戻ります。じゃあそのSFCではどんな勉強ができるかというと、特に全員これを学ばなければいけない、という分野はありません。

例えば、法学部だったら法律学系の授業が必修だったり、医学部だったら当然医学系の授業が必修になってくるでしょうが、僕たちの必修授業は1年の前期だけで終了しました。それも、大学生になってからの導入授業だったり、クラスの人と仲良くなろう!みたいな要素の強い体育の授業だったりしたので、特に専門的な勉強ではありませんでした。

1年の後期からはすべての時間割が選択授業、つまり自分たちで興味分野を見つけていく時間になります。ただ、早い段階から自分のやりたい勉強を見つけられた人は1年のうちから研究会に入ることができ、専門的な勉強をすることができます。

学部の説明はこんな感じです。この1年間ないし2年間で、大学に入ってから自分のしたい分野だったり行きたい大学を見つけられると、勉強のモチベーションアップに繋がるかもしれません。ぜひ頑張って下さい!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回からのブログテーマは「教科別おすすめの勉強法」になります。

最初は石水担任助手です。
それでは、明日のブログも
Don’t miss it!!!