教科ごとの優先順位 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 4月 15日 教科ごとの優先順位

調布校ブログをご覧の皆さん、

こんにちは!

本日の担当は山中です!

4月ももう折り返し!

なんて早いんでしょう。

皆さんもう新生活には慣れましたか?

新たに高校生になって希望に満ちている人、

高2になって部活と勉強に大忙しの人、

高3になっていよいよ受験が現実味を帯びてきた人、

それぞれ様々な思いを抱えていると思います。

期待も不安もあると思いますが、一緒に乗り越えていきましょう!

さて、今回のテーマは

「教科別オススメの勉強法」

です!

何について書こうかと思いましたが、いつもの通りブログ担当が回ってくるのが最後なのでほとんどの教科をもう書かれてしまいました(笑)

なので今回はまだ書かれていない「小論文」についてお書きしたいと思います。(全く関係ない人本当にごめんなさい。)

さて、私立文系で慶応大学を受験しようと考えている人、国公立や医療系学部を受験しようとしている人も、受験科目に小論文がある人、結構多いと思います。

僕が私立文系だったので、今回の話は私立受験についてがメインになると思って読んでください。

まず、先日生徒に聞かれたことからお話ししようと思います。

担当生徒の子に

「学校で小論文の対策をもう始めている子が結構いて焦ってるんですけどもう始めたほうがいいですか?」

と言う質問を受けました。

確かに、受験勉強はどの科目でも早く始めるに越したことはありません。

しかし、その人たちは英語や社会はしっかり固まっているのでしょうか?

志望校がどこであれ、ほぼすべての大学で英語は受験科目です。併願校も非常に大切な戦略の一つです。

さらに、小論文のある慶応大学でも、最も大切なのは英語です。

配点が大きい上、実力があればしっかりと得点できます。英語をおざなりにして合格することはまずないと思っていいと思います。

基本的に、「英語と社会には絶対の自信がある!」となるまでは、焦らずしっかりとその2教科の実力をつけていくことが重要だと思います。

小論文は夏休み頃に、志望校対策講座で添削してもらえる授業があります。

問題に慣れて力をつけていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

いよいよ明日からは、超フレッシュ!!

晴れて大学一年生となり、今年度から生徒の皆さんをサポートしてくれる新規担任助手による自己紹介ブログになります!僕もとても楽しみです。

トップバッターを務めてくれるのは泊優美花担任助手です!

それでは、明日のブログも…

Don’t miss it!!!!!!!!