差を‟つける”のか‟つめる”のか | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 3月 13日 差を‟つける”のか‟つめる”のか

調布校のブログをご覧の皆さんこんにちは!

2ヶ月あった春休みも残り3週間となり、悲しんでおります、山田です。

昨日はスノーボードに行ってきました!
(ボード買うかどうか迷うなぁ…)

 

さてさて、高校生の皆さんはまだ春休みに入ったばかり(まだ入っていない?)かもしれませんが、

春休みはあっという間に過ぎて、もう新しい学年が始まりますね。

新高3生の皆さんは先輩達が卒業して行き、次は自分達の番だという意識が強くなったのではないでしょうか。

 

新高1・2生の皆さんはどうでしょう。

受験はまだ先だと思っていませんか?

高校3年生になる前までにどれだけの科目を完成させられるかカギを握っています。

1年間、何となく過ごすのではなく、しっかりと目標を立てて

目標を意識した行動を心がけましょう。

 

わかりやすいのはセンター試験本番レベル模試ですね。

約1年後のセンター試験同日体験受験で何点を目標とするのか
(何点取れていないといけないのか)

そのためには何が必要か、自分に足りていない所はどこか

ぜひ、自分でよく考えてみてください。

この1年間、意味のあるものにしましょう。

 

春休みにただ家でゴロゴロするか、

東進に来て受講や自習をするか

ライバルと差がつくのは今です!

“君が練習しない日は、アイツがうまくなる日だ”

ってやつですね。

みなさんは“君”と“アイツ”どちらになるのでしょうか。

 

それでは、明日のブログも

DON’T MISS IT