悩んでいるそこのあなた | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 10月 22日 悩んでいるそこのあなた

調布校ブログをご覧にみなさん

こんにちは

担任助手の国枝です。

最近はずっと雨ですね。はやく晴れてほしいものです。

ところでこの時期になると志望校および併願校を本格的に決めていく生徒が多くいると思います。そして特に併願校にすごく悩むのでは

ないでしょうか。

ということで、併願校の決め方について話をしていこうと思います。

ちょうど僕もこの時期は併願校をどこにしようか悩んでいました。

そこでまずここより上の大学には確実に行きたいという基準を定めました。

僕はMARCHよりレベルが上の大学に行きたいという揺るがぬ意志があったので、そこを併願校の基準としました。

さらに行きたい学部も決まっていたし、MARCHの中でも特にここがいいということも決まっていたので、そのレベルの大学はなかなかス

ムーズに決めることができました。そして、商、経営、政治経済と似たような学部であるその3つを受験することにしました。

続いて、基準より下のいわば押さえの併願校をどこにするか考えました。

ここで、基準より上の大学に確実に行きたいのであれえば基準以下の大学は受ける必要ないのでは?

と疑問に思った人は多いのではないでしょうか。しかし、それは非常に甘い考えです。

絶対に基準以下の大学であろうと受ける必要があるのです。

その理由は3点あります。

①基準にした大学に合格できる保証はないということ

②プレッシャーでベストを尽くせないこと

③ミスが生じる可能性があること

現に僕は一番最初に受けた大学にはマークミスで失敗しています。緊張からミスが生じたのです。しかし、その後からはミスはなくなり

ました。さらには一度現場の空気を体感しているので、慣れることができプレッシャーを感じることがなくなりました。ですから、基準

以下の大学も必須なのです。

ある程度受験する大学が決まると、次は日程の管理に悩みました。そこで登場したのが合格サポートシステムです。これにより受験校

ブッキングを防ぐことができましたし、まだ決めきれていない受験校を程よく間隔をあけて決めることができました。

そして最後に、一番最初にくるように基準以下の大学を決めました。

あくまで参考ですが、もし悩んでいるのでしたらこのように決めてみてはどうでしょうか!

親御さんともじっくり話して決めていきましょう!!

明日のブログは西郷です。

お見逃しなく!!!!!!

———————————————————————————————————-

【新年度生入学受付開始のお知らせ!】

東進ハイスクール調布校では10月15日より
新年度生の入学受付を開始します。

学力の差は時間の差

現高校1年生新高校2年生として、
現高校2年生新受験生として、

調布校で最高のスタートダッシュを切りましょう!

無料体験授業も随時受付中!

お申込はこちらから!