感染症予防 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2016年 12月 20日 感染症予防

調布校ブログをご覧の

みなさんこんにちは!


今日の担当は、冬休みが近づいてきてウキウキしている林 佳絵です!

(いくつになっても長期休みは待ち遠しくてウキウキするものですね!)

 

今回は「感染症」についてお話していこうと思います!


冬の感染症といえば、みなさん何が思いつきますか?

 

有名なのは、インフルエンザノロウイルスですね。

 

インフルエンザの予防接種はもう打ちましたか?
予防接種してもインフルエンザにかかる時はかかってしまいますが、症状の重さが違いますよ。

 

さて、これらの病気がどんな症状かざっと紹介しますね。

 

インフルエンザ

38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、鼻水、咳など、、、

 

ノロウイルス(感染性胃腸炎)

1-2日の吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、微熱など、、、

 

かかりたくないですねえ。。。

 

ましてや頑張って積み重ねてきた努力を発揮するための本番で、

こんな状態になってしまっては元も子もないですよ…

 

特に受験生など、不安や焦りなどから来る気の弱りがある人が多いと思います。
これは菌たちの大好物です。


そんな隙を狙って彼らは攻撃してくるので、

全然病気にならないよ!って人も警戒してくださいね。

 

感染性が強い彼らでもかからないために予防することができます。

まずはもう耳にタコができるくらい聞いているかもしれませんが

手洗いうがい

です。

正直これにつきます。

 

指の隅から隅まできちんと洗ってください。

特によく使う指先は丁寧に洗ってくださいね。

 

以前授業で習ったのですが、手洗いは15秒以上行ったほうがいいそうです。

 

手首まで洗うべき。とよく言われていますが、

これは十分に石鹸が余っていればのことで、

手に乗せた石鹸に余裕がないのに手首まで洗ってしまうと

せっかく洗ったのに余計に菌を広げてしまう可能性になりうるので、

うまく見極めて洗ってみてください!

 

その授業の時に、手に薬剤を擦りこんで手を洗い、

ブラックライトで照らしてみると洗えていないところが光って映り、

自分が洗えていないところがよくわかるということをしました。

 

その時に爪の周りの汚れが全然落ちていませんでした。

(でこぼこしているので、洗いづらいのかもしれませんね)

 

そして、完璧!というくらい洗ったら

消毒液も同様に隅から隅まで擦りこむともっといいです!

受付にも消毒液が置いてあるので、

登下校をしたとき、何かものを食べるときに手指消毒をしてください!

 

自分が感染症にかかってしまったら周りの人にも移ってしまうと迷惑が掛かります。

みんなで感染症の予防に努めましょう!!

 

明日の担当は平井担任助手です!

お楽しみに!!

Don’t miss it!!!!