慶應義塾大学 武藤 晟 part12 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 6月 5日 慶應義塾大学 武藤 晟 part12

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

今回は僕が受けている授業について語りたいと思います!

慶應理工学部では英語第二外国語数学×2、物理化学生物自然科学実験情報が必修であり、

学門によって内容が少し違います。

また必修とは別に選択科目があります。ここでは理系の授業だけではなく文系の授業(法学や経済学など)もとることができます。

その他にも総合教育セミナーと呼ばれる、プレゼンを主体とした少人数セミナーや体育など様々な種類の授業をとることができます。

とらなければいけない単位の総数は決まっていますがそれを満たせば選択科目はいくらとっても良いですし、

時間割の上限までならいくらでもとることができます!

(逆に必要単位のギリギリの単位だけとって、空きコマを作るという手もあります。ちなみに僕も土曜に授業を入れずに全休にしています笑)

次に必修科目について説明したいと思います!

英語は最初にクラス分けテストがあってそれでクラスが決まります。クラスは5つあって、基礎、中級、中上級、上級、最上級です。

第二外国語はドイツ語やロシア語などいろいろある中で、僕は中国語をとりました。中国語は発音が難しいですが面白いです!

数学は学門2だけ授業が違います。

物理は4学期制でそれぞれで先生も教科書も違います。もうすでに教科書1冊終わるぐらい凄まじいです笑

化学は学門3だけ先生が違います。

生物は先生が3人いて代わる代わる授業をします。

自然科学実験は毎週レポートがあって大変です…

情報も先生が3人いるのですが、内1人は1回しか来ません笑

こんな感じで高校までの授業とは一味違って面白いです!

それでは明日のブログも~

Don’t miss it!