数学の勉強法 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 5月 18日 数学の勉強法

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

最近暑くてうんざりな高橋です!

皆さんも気温の変化で体調崩したりしてませんか?
具合が悪いと勉強にも身が入らないと思うので、体調管理はしっかりしましょう!

 

さて、今回のブログのテーマは「今の時期やっていた勉強法」ということで、
私からは今の時期の数学の勉強法についてお伝えしたいと思います!
理系の方はもちろん、文系で数学を使用する人も、参考にしていただければと思います!

 

去年の今の時期、私の数学の成績はあまり良くありませんでした。
4月のセンター試験本番レベル模試でも2月の模試より低い点数を取ってしまい、とても悩んでいました。

そこで、担任助手の方に相談して、勉強法を一緒に考えてもらいました。

そしてその時から意識して始めたのが、

解法の暗記

です!


「数学なのに暗記?」と思う人もいるかもしれませんが、
解法の暗記をすることにはいくつかメリットがあるのです!

 

まず、問題を素早く解くことができるようになります。
「この問題はこう解く」ということがわかっていると、問題を見た瞬間にどう取り組めば良いかがわかり、
スムーズに解くことができます。

 

次に、応用問題に取り組む時の基盤となります。
皆さんは今、インプット学習を中心に進めていると思いますが、
夏くらいになると、応用問題に取り組むようになると思います。

横田校舎長の言葉をお借りすれば、

「応用は基礎の複合」

です!

典型問題の解法を暗記できていると、解き始めて手が止まる、ということは少なくなると思います。
問題を見た時に、「あ、あの問題と似てるかも」と思うようになるからです。



 

ちなみに私は、解法の暗記のために、東進の講座1対1対応の演習を使っていました。
東進の講座であれば、解き方のポイントなどを講師の方が教えてくれると思うので、
意識して聞くようにしてみましょう。

また、問題集は、書店などで探して、自分に合うものを使ってくださいね。
他の人が良いという問題集でも自分には合わないということはよくあります。
お気に入りのものを見つけて、それを使い倒しましょう!!

教科書レベルの典型問題なら教科書を使えば良いと思いますが、
個人的には問題集を使うことをオススメします!
教科書レベルを超えた典型問題も沢山載っているはずなので。

 

数学のセンスがない、全然ひらめけないから問題が解けないと思っている方は
ぜひやってみてほしいです!

 

これ以外でも、勉強法などで相談したいことがあればいつでも受付に来てくださいね。
一緒に考えましょう!^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

それでは、明日のブログも

 

Don’t miss it!!