時間の考え方 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 2月 21日 時間の考え方

調布校のブログをご覧の皆さん

こんにちは!

担任助手の川添です。

昨日といい最近はとても風が強いですね。。

地域によっては強風による事故も発生しているとのことなので、お気をつけください。

さて、今回は「時間の考え方」について書いていこうと思います。

自分は人生において時間が最も大事だと思っております。

有限なものですし皆平等に与えられているからです。

今ブログを読んでる皆様には時間についての考えを深めてもらえたらなと思います。

まず、自分の可能な活動時間を捻出してみましょう。

例えば毎朝7時に起きて24時に寝る人の1日の活動時間は17時間です。

1週間だと17×7の119時間となります。

これが物理的にパフォーマンスを発揮できうる時間です。

ここから人によりますが、受験勉強にあてられる時間以外の時間を引いていきます。

例えば、平日は8時~17時まで、土曜は8時~13時まで学校がある人だと

50時間が1週間で学校に費やされてることになります。

(もちろん学校での時間も受験勉強の時間ですがここではあえて含めないことにします)

ここからさらに部活生は部活の時間を引いていきます。

1日に平均4時間練習があるなら1週間で28時間となります。

それ以外にも食事や移動時間などに費やす時間も考慮するとだいたい1週間で14時間くらいでしょうか。

ここまでを整理すると

119-50-28-14となり

1週間で受験勉強にあてることができる時間は27時間となります。

そしてここからが重要です。

人によっては毎週ドラマを観たりスマホをいじったりしていることでしょう。

仮に1日に30分そのような娯楽に費やしているとすると、さらに3.5時間引かれて

23.5時間となってしまいます。。

確認ですがこれは1週間での受験勉強にあてることができる時間です。

1日の24時間よりも少ないですね‥

このように活動時間で考えると

新高校3年生にとってセンターまであと320日前後ですが、

実際に活動できるタイムリミットとしては7倍速となり

『センターまで残り45日程度』

ということになります。

これは1週間での活動時間が23.5時間であり1日の24時間と大差ないからです。

あくまでも体感的な数値です。

このようにして考えてみると意外とゆっくりはしていられません。

是非これを機に自分が1日の中で何に何時間費やしているのかを算出してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

明日のブログは石水担任助手が担当します。お楽しみに!

それでは!明日のブログも

Don’t miss it !!