最適な睡眠方法 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 2月 1日 最適な睡眠方法

調布校ブログをご覧のみなさん

こんにちは!

担当は、昨日で学校が終わり今日から春休みの林 佳絵です。

1年生が終わってしまいました…

友達もみんな口をそろえて入学したのが昨日のようだといいます。

このままあっという間に4年間終わってしまいそうです。

(長い春休みはぐうたらせず、有意義に使いたいですね)

さて、みなさん私より前の担任助手が「フリーテーマ」ということで、

勉強についてあつーく語ってくれてますね。

私も勉強しなきゃ!とメラメラ燃えてきそうです。

さて、私は休憩がてらちょっと視点を変えて「睡眠」についてお話ししようと思います。

みなさん睡眠はちゃんととっていますか?

やらなければいけないことが多くなってしまうと

ついつい睡眠時間って削ってしまいがちですよね。

(私だけでしょうか)

みなさんも耳にしたことはあると思いますが、

睡眠には深い眠りの「ノンレム睡眠」と、

体は休んでいても脳は目覚めている「レム睡眠」

というものがあります。

90分ごとにこれらが入れ替わり、4-5回入れ替わると目覚めます。

そして、記憶の定着は「レム睡眠」のときに行われるそうです。

つまり睡眠時間を削ると、

レム睡眠が減る→記憶の定着時間が減る

という負のサイクルが生じるのです。

なので6-7.5時間の睡眠時間は確保することをお勧めします。

睡眠の仕組みについてはなんとなくわかりましたか?

では続いて、

私は去年この時期に、寝れないということに悩まされていました。

布団に入って1人の時間になり、色々考え事をしてしまい、

焦りと不安から眠れず、早く寝なきゃという焦りからさらに眠れなかったり、

よく寝たーと思って朝起きたら早朝だったりと、

すっきり眠れないことがありました。

そこで私が行っていたのは「無」になることです。

布団に入ったら、くるくる回転している脳みそがだんだんゆっくりと回転して止まる、

という想像をして、そのまま何も考えずに寝てしまう。ということをやっていました…

(我ながらよく意味が分からないです。ごめんなさい。)

他の方法を調べてみたところ、

手は第二の脳と呼ばれているそうです。

なので、ハンドマッサージをするといいそうです。

(爪でもいいそうです)

あと、朝起きたら軽めの運動をする、余計なことを考えないなどなど…

自分あった睡眠方法を見つけて、

寝れない…と思った時でも

スパっと寝れる最終奥義を見つけておくといいかもしれませんね。

長々と失礼しました。

明日の担当は平井担任助手です!お楽しみに!

Don’t miss it!!!!