東京理科大学 中村俊介 授業紹介part7 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 5月 31日 東京理科大学 中村俊介 授業紹介part7

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆さん

こんにちは!

 運動をする時間がなくて体がうずうずしています、中村です。

 

今回のブログでは皆さんに、私が通っている

東京理科大学 工学部の授業を

紹介させていただこうと思います!

工学部は学部生の4年間を、葛飾キャンパスで過ごします。

葛飾キャンパスは都内の大学の中でも相当新しく、

完成してからまだ4年しか経っていないという魅力に溢れた

新築物件です!!笑

 

理系の方は勉強の合間に来てみると

モチベーションアップにつながるかも知れないので

一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

さて、前置きが長くなりましたが大学の授業の紹介です。

今やっている授業はとにかく基礎科目です!

受験でも同じだと思いますが、

理系を極めようとするのなら

基礎的な計算は完璧にこなさなければなりません。

 

そのために理科大の1年生は

しっかりと基礎知識を叩き込まれるのです!

けっこう大変ですが、将来のためにと思って

日々がんばっています。

 

そこで特に魅力的な授業がディスカッションの授業です!

いったい何をするのかというと、

①授業に有名な企業の方が来てくれて課題を出される。

②グループを作って共同で課題の解決策を練る。

③解決策に対して企業の方にアドバイスをもらう。

④もう一度策を練り直して発表する。

というプロセスを4週間かけて行います。

 

1年生のうちからこんなに実践的な授業をできるのは

他の大学でもそんなにやっていないと思うので

とても実用的ですばらしいと思っています!

是非参考にしてみてください!

 

明日のブログは畑担任助手です!

Don’t Miss It!!!!