模試と言えば… | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2016年 2月 21日 模試と言えば…

 

調布校ブログをご覧のみなさん
こんにちは!

 

花粉にやられています…
担任助手の竹内です。
鼻が大変です…。

 

こんなに寒いのになぜ花粉は飛ぶのでしょう。
根っからの文系の竹内には
皆目見当がつきません…。
(助けてください)

 

話は変わりますが昨夜からの雨
そこまでひどくならずよかったですね!

 

 

そんな天気とは違い
昨夜の調布校では嵐が起きていました…!

 

特別公開授業
渡辺勝彦先生
有名難関大<逆転合格>
スーパー総合英語(特別編)

 

が行われたんです!
特別公開授業については別の機会に
ブログが更新されるので
そちらもぜひご覧ください!

 

 

さて、そんな嵐が去った調布校ですが
今日も熱気冷めやらぬ…です!

 

 

なぜなら!

 

センター試験本番レベル模試

 

が行われているからです!

先月の16、17日に実施された
センター試験同日体験受験から1ヶ月

 

みなさんはどんな作戦を立てて
模試に挑んでいるでしょうか?

 

模試を終えて作戦の検証はできましたか?

 

模試を受けたならばやるべきことがあります!

言わずともわかりますね…?

 

そう!

復習です!!
(言ってしまった)

 

模試を受けて学力を知ることだけが
模試の意義ではありません。

模試は復習することが
めちゃくちゃ大事です!!!

 



えーめんどくさいし
やり方わからんし

 

と思っているそこのあなたに!

あんまり役に立たないかもしれない
竹内なりの復習法
をお伝えします!

※やる気がない人は気合でなんとかすべし!

 

 

 

さてみなさん
どのように復習を行っていますか?

 

高2の頃の竹内は復習法を知らず
とりあえずもう一回解こうと
問題を最初から解きなおし
途中でめんどくさくなってやめる

というなんともアホなことを
やってのけていました。

 

そこから自分で試行錯誤して
受験生時代に行っていた方法…
大きく3つに分けられると思います。

 

①間違えた問題だけ見直す
あたりまえと思うかもしれませんね…
出来るなら全部やっておきたいですが
そんな時間ないですしね。時短です。

ただ!
もう間違えない!という覚悟をもって
復習することが大事です。

 

②なぜ間違えたのかを確認する
どうしてその選択肢を選んだのか
なぜその答えが間違いなのか
しっかりと根拠を納得できるまで
学習し続けましょう。

 

③なぜその答えになるのかを確認する
なぜその選択肢が答えになるのか
その理由を自分でも他の人に解説できるくらい
確実に理解するよう心がけましょう。

 

ざっとこんな感じになります。

特にですが
これを何度も繰り返していると
どういう形で自分は間違えやすいのか
どんなふうに誤解をしがちなのか
わかるようになります。

また、センター試験では
どういったプロセスを経て答えを出すかに
なれることが出来ますし、正答率も上がります。

 

なのでみなさん!

 

模試後はすぐに復習です!

間違えた問題を
なぜ間違えたのかをハッキリさせ
どうしてその答えが正解になるのかを
確実に理解しきる!!

 

ぜひこれをやり切って
次の4月の模試の目標を考えてみてください!

 

みなさんが模試をしっかり活用して
頑張る受験生になるよう応援しています!

 

明日から受けられる解説授業も
うまく活用してくください!

 

*最後までありがとうございます*
明日のブログは
髙橋担任助手とのコンビが竹内のツボ
担任助手
です!笑
お見逃しなく☆

 

——————-