環境 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 10月 2日 環境

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

今回の担当は東進ハイスクールの最近サウジアラビア人とサッカーで戯れた掛井です。

今回のテーマは勉強の合間のリフレッシュについてです。

私はリフレッシュしなくても大丈夫なタイプの人間だったのですあが、唯一していたことと言えば昼休みの食事でした。

私の母校は久我山ではない方の國學院だったのですが東進の夏合宿を経て他の学校の人たちととてつもなく仲良くなってしまい、そこから毎日一緒に食事をしていました。

夏休みは毎日12:30になると受け付けの前にあるスナックスペースで集合してコンビニに買いに行ってたのですが、少々話すボリュームに問題があったようで今となっては猛省しております。

東進に入りたての頃は一人でとても寂しかったのですが、周りに競いあったり共有しあったりする仲間が増えたことでモチベーション維持としては非常に助かりました。

よく”受験は個人戦”と言われます。

確かに勉強は一人でするものですし他人に頼るものではありませんが、一方で受験は情報戦でもありモチベーションの持ちようだと思います。

環境などに左右されているような奴はナンセンスという意見もあると思いますが、私個人の経験として周りの人間に流されて勉強を始めるということもありました(現に自分は周りの影響で受験勉強を始めました)し、周りのおかげで勉強を頑張ろうと思えたりすること(あんな奴にセンターで負けたくないなど)が自分を突き動かしてくれました。

スマートフォンアプリのL〇NEなどで模試のデータを見せ合ったりするのが非常に苦でしたが勉強する気になりました。つまり、一番人を突き動かすのは“焦り”や”危機感”なのだなとこのころ強く実感しました。

今はそんなこと一緒にする仲間を探している場合ではありませんが、周りの誰でも良いので成績が上の人を勝手に”ライバル”として日々東進に通う日々もありなのではないか、、、と思います。

 

明日のブログは10月2日誕生日加藤担任助手です!!

DON’T  MISS  IT!!!

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事