目を大切に | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 2月 3日 目を大切に


★調布校ブログをご覧のみなさん★
こんにちは

担任助手の福岡暁です!

今日は節分ですね。

今年の方角は北北西のようです。毎年、黙って恵方巻きを食べきろうと試みますが達成できたことがありません・・。

今年こそは黙って食べきるぞ・・・!

突然ですが、恵方巻きって英語で何というか分かりますか?

・・

正解は

Fortune Sushi RollHappy Direction Roll」です!

そのままでビックリしちゃいますよね。

ではでは本題へ。

いよいよ2月に突入し学年末テストや新学年に向けての学習を進めている頃かなと思います。

先日ある生徒から「目が疲れてしまって集中出来ません・・」という声がありました。

よくこんな事を聞きます.

勉強をすると視力が低下する

必ずこうなる!という訳ではありませんが、視力が低下するケースはよくあるみたいです。なぜなら、勉強をすることによって長時間近くを見続けるから。

人の目の中には水晶体と呼ばれるカメラのレンズのようなものがあり、さらに毛様体筋と呼ばれる目の筋肉が伸び縮みすることにより、水晶体の厚みを調節してピントを合わせようとします。

ですが勉強するということは、長時間同じところを見続けるわけなので、

毛様体筋が緊張してしまい目のピントを合わせる調節機能が乱れます。

なので視力が低下する・目が疲れるという結果になるようです。

オススメとしては

定期的に遠くを見るようにすること。

またスポーツをしながら勉強していた時は視力が低下しなかったのに、スポーツを辞めて受験勉強をするようになったら視力が低下したという話があります。これはスポーツをすることで動体視力を使うことから

目の筋肉がほぐれて、視力低下を防いでくれていたのです。

受講ではパソコンを使うので目を休ませながら勉強していってくださいね

最後まで読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは松本彩担任助手です。

Don’t miss it!