空のプロをめざす! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 3月 23日 空のプロをめざす!

東進ハイスクール調布校のブログをご覧のみなさん

こんにちは!

本日のブログの担当は、小泉です!よろしくお願いします!

さて、三月も残りわずかですね!高校の卒業式も終わった人も多いと思います。

別れの時期なので、悲しいですが、春からは新しい出会いがあると思います!

今年から、大学生になる人は楽しみですね!どんどん新しい友達を作ってくださいね!

さて、今回のブログのテーマは、「自分の学部・学科のオススメポイント」です!

 

まだ、志望校が決まっていない人や迷っている人は、すごくいい例になると思いますので、ぜひさんこうに してみてくださいね!

 

まず、わたしが通っているのは、「法政大学機械工学科航空操縦学専修」です。

名前の通り、専修ではプロのエアラインパイロットになるためのところです!

 

航空操縦学専修のオススメポイントは

一つ目は、エアラインパイロットになるためのことに加え、機械工学科専門科目も学ぶことができまることです!

「飛べるエンジニア」の育成を目指す本専修では、航空や飛行機の操縦に関わる科目に加え、機械工学科の専門科目も充実。力学や人間工学などの機械工学科専門科目で「原理」を学ぶことで、飛行訓練や航空関連科目での理解を深めることができます。また、プロパイロットだけでなく、エンジニアとしての進路も目指すことが可能です。

 

二つ目は、日本国内で飛行訓練をすることができることです!

高い技術を持つ高度職業人の育成のために十分な飛行訓練時間を設けていて、訓練を行うのは、国内にある法政大学の飛行訓練センターです。海外での訓練ではないため、日本語で学習でき、航空や飛行機の操縦に関わる知識、技術をより深く修得できます。

また、国内訓練であるために、バイトやサークル、部活なども行うことができ、大学生としての生活も楽しむこともできます。

 

訓練センターでは、自家用課程を約60時間、事業用課程を約133時間のフライトを行います!

 

今年の卒業生8人は、全員プロのエアラインパイロットとして就職しました!

就職先は、ANA1名、JAL1名、ANAウィングス2名、スターフライヤー1名、ソラシドエア1名、バニラ・エア1名、Peach Aviation1名です!

エアラインパイロットになるのは、大変なことですが航空操縦学専修で学ぶことで、現実のものとすることができます!

将来空で働きたい人!ぜひ、参考にしてみてください!

 

最後までお読みいただいてありがとうございました!

明日の担当は、石水担任助手です!

お楽しみに!

 

Don’t miss it!!!