経営学部とはなんぞや | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 8月 29日 経営学部とはなんぞや

東進ハイスクール調布校ブログをご覧のみなさんこんにちは!!

担任助手の国枝です。

今回のテーマに沿って大学ではどんなことを学んでいるのかや、自分の将来の夢について語りたいと思います。

現在僕は明治大学経営学部に所属しています。

経営学部では、主に経営学や経済学、簿記論について学びます。特に経営学と簿記論を紹介したいと思います。

経営学では、有名な経営者について学んだり大企業の経営の歴史やどういう戦略をとっていたのかなどについて学んだりします。

例えば、トヨタやパナソニックなどの大企業の成功までの道のりカーネギーやロックフェラーなどの有名な経営者の成功と失敗

様々な経営学者による考察異なる特徴を持った企業の戦略の違いなど経営に関する様々なことを学ぶことができます。

一度は耳にしたことがあるあの企業はこういう戦略をとって他社に勝っていたのか、あの大企業はこうして衰退していったのかといっ

たことを知ることができ、とても興味深いです!

簿記論では、企業の会計について、要するに公認会計士税理士を目指すため勉強します。簿記とは帳簿記録の訳で、簡単にいうと

業の売り上げや支出を記録するもので、ちょうど家計簿の企業版みたいな感じです。それによって企業の財政状況を把握し、黒字にす

るために次につなげるのです。簿記には簿記検定というものがあり、たとえ公認会計士や税理士にならずとも2級以上を持っていれば

就職に大いに役立ちます

僕は将来公認会計士になりたいと思っています。もちろん最難関国家試験ですので、簡単にはいきませんが再来年つまり大学在学中に

取得したいと考えています。そのために現在は経理研究所という明治大学が設置している学内組織に入っています。大学紹介ホーム

ルームに参加した生徒には伝えてありますが、経理研究所とは公認会計士や税理士を目指す人のためのもので、大学の授業とは別にあり

ます。しかし、専門塾に通うよりも全然安く環境も整っています。それぞれのレベルにあったコースを選べ、初学者でも安心です。

僕も初学者ですが、すでに3級は取得しており、現在は2級の勉強をしています。

皆さんも大学に入って何もしないよりは、夢に向かって何かに挑戦するといいと思います!

がんばりましょう!!

明日のブログは西郷です。

Don’t miss it!!!