自分の思いを大切に | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 10月 28日 自分の思いを大切に

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆様、こんにちは!

もともと私は白米が大好きなのですが、昨日、母方の実家から送られてきたつや姫を夜ご飯に食べて感動していたところ、夜中に弟に食べられてしまい、朝起きてから一日中ショックがぬぐいきれなかった藤廣です……

 

今回は『併願校の決め方』ということなのですが、

私は推薦という形大学受験をしたため、みんなの様に実体験に沿った詳しい話をすることが出来ないので、

今回は、私が通う教育学部の周りの子たちに聞いた併願校を受ける・選ぶ上でのポイントをここで話させて頂くことにします。

 

私が今回、みんなに話を聞いた中でポイントは大きく3つありました。

①試験日に十分考慮すること

試験を一校受けるだけで、相当な負荷がかかります。

それに伴い、試験が連続して続くと体力も気力も相当削られます。

かといって、大体の学校で試験日程は集中するものなので、どうしても連続で試験が続くようであれば、前々からその日を把握しておき、その周辺のやるべきことを整理しておくことが大切です。

生徒の皆さんは合格サポートシステムの登録はもうしましたか?

合格サポートシステムを登録することで、出願日・試験日・合格発表日などが一目で分かるようになるので、

まだ登録していない人はすぐに登録するようにしましょう!

②安全校を必ずつくること

なぜかというと、志望校の試験と共に安全校も申し込んでおくと、試験の空気を体験することが出来るからです。

これは模試と同じで、いくら知識があっても本番の空気にやられて実力が発揮出来なかったら本末転倒です。

本番の雰囲気を実感することが出来るかつ、最後の最後の弱点をあぶりだすことが出来る点において、

安全校を挟むことは重要であると考えます。

③自分が行きたいと思う大学を選ぶ

話を聞いた人みんながそれぞれ共通して言っていたことがこの点でした。

併願校とは言っても、当然お金を払って受験をします。

ですから、受験をする上でその大学について自分が少しでも興味があるか否かという点はとても大事なポイントです。

意欲がなかったらやる気も起きませんよね。

 

今のうちから自分の試験日を見据えて、体調にも気を付けて、しっかりと目の前のことに取り組んでいきましょう!

明日のブログは藤原担任助手です!

明日のブログも……

Don’t miss it!!!!!

【新年度生入学受付開始のお知らせ!】

東進ハイスクール調布校では10月15日より
新年度生の入学受付を開始します。

学力の差は時間の差

現高校1年生新高校2年生として、
現高校2年生新受験生として、

調布校で最高のスタートダッシュを切りましょう!

無料体験授業も随時受付中!

お申込はこちらから!