自己採点に注意! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2016年 12月 29日 自己採点に注意!

東進ハイスクール調布校のブログをご覧のみなさん

こんにちは!本日の担当は、小泉です!よろしくお願いします。

約1週間前の23日には、最後のセンター試験本番レベル模試が行われました。みなさん自分の納得いく結果は、出せましたでしょうか?

結果が良かった人は、気を抜かずその調子で引き続き頑張ってください。納得できない結果に終わってしまった人は、どこが自分の弱点か分かったいい機会だと思ってしっかり復習をして本番に備えましょう。勝負はまだまだここからです!頑張りましょう!

 

さて、2016年も残りわずかです。2016年は、充実した一年になったでしょうか?

来年の今頃は、第一志望の大学での生活にも慣れてきて、楽しかった一年だったな。と振り返っていることでしょう!というより、絶対にそのような一年にしたいですよね

そのために、残りわずかですが最後まで頑張りましょう!

 

そして、本題なんですが

今回のブログの題名は、この時期に伝えたい受験のノウハウ」ということで、私はセンター試験について自分の失敗談も含めて書いていきたいと思います

まず、みなさん知っての通り今年のセンター試験は、1月14日、15日に行われます。

一日目の14日には、主に文系科目の地歴公民、国語、英語が行われ、二日目の15日には、理系科目の理科、数学が行われます。

理系の人は一日目に英語を受け、二日目に数学、理科を受けます。つまり、理系の人は二日間試験を受けに行くということですね

冒頭にも書きましたが、先日には最終センター試験本番レベル模試を受け、そして今までも何度も東進のセンター試験本番レベル模試を受けてきたと思いますが、東進のセンター試験本番レベル模試は一日で全部を終えてしまうので、二日間にかけて受けたことはない思います

「いやいや、いくら模試で二日間にかけて模試をうけたことなくても、理系の人は二日間受けに行くことはずっと前から知ってるし、全然大丈夫だよ」

と思っている理系のみなさん

私は、実際にセンター試験が二日間だったことで失敗しました

どんなところで失敗したかといいますと、センター試験では大切な「自己採点」です

なになに?自己採点?どういうこと?

と思っているかもしれませんね

どういうことかといいますと、私は一日目に英語・国語、二日目に数学を受けました。

高校の先生にメチャメチャ「理系の奴は、一日目と二日目どっちも終わってから自己採点しろよ!絶対に一日目終わって、二日目の前に自己採点すんなよ!」と言われていたんですが

一日目の結果が気になりすぎて、さらに今日の結果が良かったら明日もさらに頑張れるんじゃないか。などとよからぬことを考えてしまって

自己採点してしまいました。

その結果、見事に逆の展開になりました。その当時ほんとに笑えませんでした。国語が今までにないくらい悲惨な点数だったのです。

その瞬間、二日目へのモチベーションがなくなりました。二日目の数学が全くやる気が出ませんでした

そして、私にとってセンター試験は苦い思い出になりました。

 

つまり、理系の人はすべて終わってから自己採点するべきだと僕は思います

もちろん、自分の高校などで一日目終わった時点で自己採点しろと言われているなら、自分の高校のほうに従うべきだと思いますが

少なくとも私みたいなパターンになる可能性があるということです

理系の人や二日間受ける人は、少し参考にしてみてくださいね

 

一日目も二日目もいい結果になることを期待してます

頑張ってください!

 

最後までお読みいただいてありがとうございました!

明日の担当は、河野担任助手です

 

Don’t  miss  it