解説授業使ってる? | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 8月 23日 解説授業使ってる?

調布校ブログをご覧の皆さん

こんにちは!

担任助手の福岡暁です☺

 

夏休みもあと1週間、

あっという間ですね。

悔いのない夏休みを過ごせていますか?

 

8月の模試で結果を出すことも大切ですがその後の復習が大きな意味をもつ!ということで

今回のテーマ模試の復習法について書いていきます。

他の担任助手も模試の復習法について詳しく書いているのでぜひ読んでみてください

 

皆さん、模試後に解説授業の受講はしていますか?

解説授業は模試を終えてから数日後に受けられるものでPOSから受講予約を入れてもらい受講するものです。

 

私が生徒だった時は必ず解説授業を受けていました。

受験科目全てを受講していると時間がかかるので必要な科目/大問を絞って受けていました!

 

模試を終えてすぐに自己採点を実施、間違っていた所や曖昧な所を解答冊子で確認、解説授業という復習の流れです。

特に現代文は、答えというよりも解き方を学ぶ上で解説授業はとても使えます。

 

昨日齋藤担任助手が復習法として書いていますが、

模試の1ヶ月後に、同じ模試の問題を解いてみることをオススメします。

 

模試の復習は、間違えた問題をもう間違えないようにする!ために行うものです。

なので1ヶ月後に同じ模試の問題を解くことは、

その模試で間違えた所が理解出来ているかの確認にはもってこいです。

 

8/27の模試まであと少しです。

あと4日しかないと考えるか

まだ4日あると考えるかは

皆さん次第です。

 

まだまだ出来ることは沢山ある!

 

悔いの無い夏休みを過ごそう!

 

明日のブログは末松担任助手です。

お楽しみに!