部活生の夏休み、どう過ごす? | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 8月 4日 部活生の夏休み、どう過ごす?

調布校のブログをご覧の皆さん、

こんにちは!!!

やっとこさ今日前期の期末試験が終わります。

齋藤です!

最近夏のわりに涼しくて嬉しいです。

気温差が大きいので体調管理はしっかりしましょう!

さて、今回のテーマは「夏休みの勉強法」ですね。

皆さんご存じのとおり、サッカー部のマネージャーをしていた私は、

受験の天王山ともいわれる高3の夏休みの半分は部活がありました。

半日まるまる練習、練習試合で終わるのは夕方5時ごろなんてこともざらにありました。

受講が思うように進んでいなかった私は、

最優先は受講、次にセンター演習という優先順位で勉強を進めていました。

時間の使い方としては、部活でまとまった時間が取れることが多くはなかったので、

時間が取れたときは受講を進める→余った時間・スキマ時間で大問別演習

という感じです。

部活がある日は受講2コマ+大問別演習+復習で一日が終わってしまうことの方が多かったです。

それにしても、部活生は時間がない!!!

そこで大切なのが「移動時間」です。

合宿に行くにしても遠征に行くにしても試合に行くにしても、

自転車や徒歩ではない限り移動時間は貴重な勉強時間になります。

がっつり過去問などを解くことはできませんが、受講の復習や高速基礎マスター、1問1答など、

短い時間で・重い荷物を持たずにできるものなら、荷物の多い部活生でも手軽にできます!

部活生はいかに短い時間で・効率よく勉強をするかで結果が大きく変わると思います。

まだ受験生ではない皆さんも、今から実践してライバルに差をつけましょう!!

私の高校は予選で負けたので、引退して8月の後半は部活がなかったのですが、

私が後悔していることは「引退後に気持ちの切り替えがすぐにできなかったこと」です。

東進に来たはいいものの、全く集中できないなんてことが1週間弱続いたので、

ついに私は担当だった担任助手の方に「ちょっと話をきいてほしいんですけど、、、」

と、胸の内を話す決意をしました(笑)

話しているうちにそういえばあんなこともあった、あの時はこうだった、などと、

今まで押し込んでいたものがすべて口から出てきました。

受験に対する不安も一緒に出てきたので、話し終わった後は本当にすべてを出し切った感じになりました。

私の場合は人に話すことで勉強への切り替えができました!

ただただ話を聞いてくださった担任助手の方には今でも感謝しています。

みなさんも、なにか引っかかることがあって勉強に集中できないと思ったら、

誰かに話してみましょう。

意外とスッキリするものです!

もちろん私も聞きますのでいつでも話に来てください。

私のように後悔しないためにも、身が入らないと思ったら早めに相談しましょうね!(笑)

明日のブログは現在北海道にいる

福岡担任助手です。

Don’t miss it!!!