ブログ

2017年 8月 15日 

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!!

今日の担当は、最近予定がなさ過ぎて生徒並みに東進に来ている畑です!

本当にプライベートの予定がなさ過ぎて困ってます!

さて皆さん、刻一刻と8月センター本番レベル模試が近づいてきていますね!

言わずもがなですが、この模試はみなさんが夏頑張ってきた成果を見る大事な模試です!

今回は模試の復習について話したいと思います。

模試の復習が何故大事かはこれまでにも再三言われてきているとは思いますが、

模試は自分の弱点を知る大切なチャンスです!!!!

それでは実際にやっていた復習の仕方について紹介したいと思います。

私は文法が特に苦手でこの時期も苦戦していました。センター試験の点数で言うと

22/44って感じの点数でした。ちょうど半分ぐらいですね。

私はもともと復習というものが凄く嫌いで模試の復習というのはずっと避けて来ていました。

夏のこの模試の終わりにこのままではヤバイと思って復習を始めていました。

模試の文法の問題で間違えたものはネクステ○ジで類似の問題を探し復習していました。

すると文法に力がついてきているのを感じました。

私はこの感覚を逃さずひたすら

文法の問題演習→テキストで再確認

を大問別演習でこなしました。するといつの間にか文法が得意になってました!!!

模試で苦手を見つけることで苦手を撲滅する作業に没頭することが出来て夏では延びきらなかった点数を9月ごろにはしっかり伸ばすことが出来ました。

(10月ごろにはセンターの文法は40/44ぐらい取れるようになりました)

方法は違えど復習はとても大事だということが分かると思います。

まだ模試を受けたわけではないですが、点数が悪かったとしても凹まず

苦手を見つけてラッキーと思って苦手撲滅に是非時間を注いでください。

点数が悪かったからと言って凹んでいる時間はありません!!!

自己分析をしっかりと行い苦手撲滅に向けて徹底的に苦手分野を再確認演習して最後には得意だと言えるぐらいにしてやりましょう!!!

明日の担当は加藤担任助手です!

明日のブログもーーーーー

Don’t Miss It!!!!!!!!!!!