志が固い人は強い! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 8月 31日 志が固い人は強い!

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

今日のブログは髙橋がお送りします!

先日サークルの合宿で長野に行ってきたのですが、星空がほんっっとうに綺麗で感動しました…。人生で初めて流れ星を見ました!!星空を見るのが好きで、受験生時代も、東進からの帰り道、あまり人がいないのを良いことに、星空を見上げながら自転車で帰っていたんですよね(笑)疲れがとれるのでオススメですよ!

 

さて、今回のブログのテーマは「将来について」ですね。

私は今慶應義塾大学理工学部の中でも、主に化学系の学科に進むことができる学門3に所属しています。学門3では、他の学門と比べて、化学の授業が多いです。春学期は、どの学門も同じ内容の化学の授業を受けていましたが、秋学期は、学門3以外は化学の授業は1つ、学門3だけが2つになります。どんな授業を受けられるのか、今から楽しみです!

数ある学科の中で、なぜ化学系に進みたかったのかというと、ズバリ食品関係の仕事がしたかったからです。さらに言うと、苦手な理系科目を相手にしてまで理系に進みたかった理由はこの気持ちがあったからです。

そこまでして食品関係の仕事に就きたいと思った理由は単純で、食べるのが大好きだったからです!(笑)美味しいものを食べている時が本当に幸せで、食品開発などを通じて、食に対する楽しみや幸せを伝えられたら、という思いから、食品関係の仕事に繋がる化学系の学科に進みました。

もともとは、フィールドワークなどを通じて実際に食材に触れ、品種改良などの研究にも繋がる農学部に進みたかったのですが、食品関係の仕事に就くのであれば、化学系でも自分のやりたいことができる、と思ったので、今は応用化学科に進むつもりでいます。

学門3から進むことができる学科の中で、応用化学科と、生物系で農学部に近そうな生命情報学科の2つで迷っていたのですが、生命情報学科は医学部・薬学部寄りだということを聞いて、(自分のやりたいこととはちょっと違うかな…。)という印象を持ちました。

ただ、応用化学科に進もうとは思っているものの、現時点で「将来は絶対に〇〇がしたい!!」と言えるほど、自分の志が完璧に固まっているわけではありません。なので、大学で様々な授業を受けたり、新聞や本などを読んだりすることで、見聞を広め、自分のやりたいことをもっと明確化させたいと思っています。

将来へのビジョンが明確だと、勉強に対するモチベーションも全然違うと思います。今、8月センター模試を終え、思うようにいかず志望校を下げようとしている生徒さんもいると思います。ですが、そんなときは、くよくよするのではなく、自分は将来何がやりたいのか、ということを今一度考え直し、自分がその志望校に拘らなければならない理由を再確認してみてください。「模試の結果が悪かった」と腐らず、前向きな気持ちで頑張っていきましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

明日のブログの担当は、星野源が大好きな泊(妹)担任助手です!

それでは、明日のブログも

Don’t miss it!!