薬科大!!! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 9月 8日 薬科大!!!

調布校のブログをご覧の皆さんこんにちは!

まさに今、部活の大会真っ只中で毎週新しいアザを作っている山田です。

皆さんはハンドボールという競技を見たことがありますか?

接触が多くて怪我もしやすく、ルールも複雑で難しいスポーツなのですが、

とってもカッコイイので興味があったら是非見てみてください。

 

さて、9月に入り、夜なんかはすっかりを感じるような気温になってきましたね!

夏休みは2ヵ月間あるなんて大学もありますが、

私の通っている東京薬科大学の夏休みは1ヵ月とちょっとしかありません

おまけに後期からはほぼ毎日午後は実習があります。

生物の実習ではラットを使って薬がどのように作用するかなどを見たり、解剖とかもするんですよ。

今はまだ専門的なことをあまり習っていないので、薬学部と言ってイメージするような

調剤の実習はできなくて、私が東京薬科大に入ろうと決めたきっかけである

模擬薬局にはまだ入れていません…

早く模擬薬局で実習をしてみたいと思いますが、先輩方から「実習キツイ…」

という話を聞いていると、不安にもなってきます…。

5年生になったら病院薬局の2か所に実習に行くんですが、

それは5年生になれたらの話です。

4年生の終わりに基本的な知識と調剤業務が行えるかのテストがあり、

それに受からないと5年生になれません!

この試験に受かったからと言って薬剤師になれるわけでは無く、

6年生の終わりには国家試験が待ち構えています。

と、ここまでさらりと薬剤師になるための道のりを話してきましたが、

現実はそんなにさらりといきません!!!

7月末に行われた前期期末テスト、

1年の前期試験から薬学部の大変さを思い知らされた気分でしたが、

先輩に言わせたら「1年の前期は余裕」だそうです。

これからどんどん内容が難しくなり、量も増えていくと考えると

留年せずに卒業することができるのか、心配になってきます。

そんな薬学部ですが、国家試験に合格し、卒業できた暁には

晴れて薬剤師!!!!

私が卒業するのは5年以上先のことですが、おそらくまだまだ需要はあるでしょう。

やりたいことで生きていくのが一番いいですよね!

 

東京薬科大学は薬学部と生命科学部の2学部しかありません。

そのため、大学内にいる学生の半分以上は私のように薬剤師を目指して勉強している人たちです。

定期テスト前になると食堂はテスト勉強をする人でいっぱいになります。

目標が明確に決まっていれば、人は自ら勉強する生き物です。

将来の夢が決まっている人は少ないかと思いますが、

自分の目標をできるだけ明確に設定して、自ら受験勉強に取り組んでください!

 

それでは、明日のブログもお楽しみに!!