魔物を倒せ! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2017年 12月 17日 魔物を倒せ!

調布校のブログをご覧の皆さん、こんにちは!

最近課題と勉強に追われ、このままでは華の大学生が終わってしまうという危機感を抱えている藤廣です。クリスマスももうすぐですよ…)

皆さん、先日のブログで中村担任助手が言っていたように、大学生になった時はもちろん将来のための勉強もしつつ遊びや自分の好きなことに時間を費やす機会を作った方が良いですよ!(大真面目)

 

さて、今回は「センターあるある」についてお話ししたいと思います。

私自身、センター試験を思い返すと真っ先に思い浮かぶのが、

1.「周りの声を気にしてしまう」

私が実際にセンター試験会場に行って驚いたことは、

一つの会場に、それぞれ同じ学校の人が多く集まっていたこともあり、

「緊張するね~」「国語割と難しくなかった?」

などと言う声が多く聞こえ、自分の集中力を保つのに苦労したということです。

実際に、最後の最後まで見直しをしていたところが試験で出るということもあるので、

緊張もあると思いますが、本番当日まで時間を大切に使うように努めましょう!

2.「甘いものを持っていく」

実際にセンター試験を受けて、緊張でか普段の模試よりも倍以上エネルギーを消費しました。

甘いものを食べることで脳に糖分が行くので頭も働くはずです。

おにぎりもいいですがお腹がいっぱいになって眠くなってしまったりするので食べるタイミングには注意が必要だと思います。

私の場合は、チョコやアメなどを食べて集中力を保っていました。

3.「マークミスに要注意!」

普段の模試でもそうですが、マークミスには本当に注意しましょう!

問題用紙には正しい答えを選択しているのに、解答用紙に記入する際にずらして記入してしまうなど、

絶対に起きないという保証はありません。

一つ一つの問題を解く前には、自分の頭の中で「どの大問をどれくらいのペースで解いて、このくらいの時間を見直しに割くようにしよう」というようなイメージトレーニングがとても有効だと思います。

 

「センター試験には魔物が住んでいる」とよく言いますが、

その魔物は自分の中に住んでいると思います。

ぜひ、残された時間を公開しないように使い、自分の中の魔物を倒していってほしいと思います。

明日は藤原担任助手です。

明日のブログも…

Don’t miss it!!!!!

最新記事一覧

過去の記事