最初と最後は気持ち! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 2月 9日 最初と最後は気持ち!

調布校のブログをご覧の皆さんこんにちは!

久しぶりにハンドボールをやって全身筋肉痛になっております、山田です。

 

私立の一般入試が佳境を迎える頃でしょうか。

ぼちぼち受験が終わる人も出て来るなぁ…と、昨日、私は自分の東進ファイルを見返してみました!

受験生の山田のコメントランキング1位は「ねむい」でした!!

今もよく眠い眠い言っていますが、勉強してるとなぜか眠くなりますよね。

受験生の私は睡魔と闘っていたようです…

それから、あることに気が付きました!

それは「つらい」という言葉を1回も使っていなかったことです。

むしろ、「楽しい」という言葉が登場数ランキング2位に入りそうなくらいポジティブな受験生でした。

皆さんの1年間(2年、3年の人もいるかもしれません)はどうでしたか?

私のように受験はつらくない、むしろ楽しいなんて人は少数派だと思います。
(得な性格していますよね(笑))

ほとんどの人は不安になったり、つらいと感じたりしているのではないでしょうか。

 

私が受験を終えたとき、担任助手の先生とこんな話をしました。

「私、受験勉強がつらいって思ったことないんです。あんまり勉強してなかったからつらくなかったのかな…?」

「山田さんが頑張ってきたことは担任助手のみんなが見てきたし、知ってるよ。」

この言葉を聞いたときに、なんだかとても救われたような気がしました。

受験を前に不安になっている人もいるかもしれませんが、不安になるのはそれだけ努力してきた証拠です。

私たちも皆さんが頑張ってきた姿を見て知っています。

最後は今まで頑張ってきた自分に自信をもって、持てる力を出し切ってきてください!

それが私の願いです。

 

こんな楽観的な私ですが、ただ単に能天気なわけでは無いんですよ?(笑)

「どうしても薬学部に入りたいし、どうしたって受験勉強はしなきゃいけないのだから、楽しんだもん勝ちだ!人生で1回だけの大学受験だし、受験生活も大人になったらきっといい思い出になる。」

と、東進に入った時に腹をくくった覚えがあります。

何か物事を始める前の気持ちは大事です。

受験生の皆さんは絶対に試験に前向きに臨んでください。

これまでにやってきたことはきっと自分の中にあるはずです。

1・2年生の皆さんはこれから本気の戦いをすると、腹をくくってください。

「どうせやるなら全力で」

頑張りましょう!

 

明日のブログは渡辺さんです。

お楽しみに!!