【両立しよう】担任助手による定期テスト攻略④~まとめ~ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 7月 24日 【両立しよう】担任助手による定期テスト攻略④~まとめ~

みなさんこんにちは!担任助手2年の三澤です。

梅雨のジメジメが長続きして気分が下に向きがちですが高校生の皆さんにゆっくりしている暇はありません。

部活テスト受験勉強も全力で取り組んでいきましょう!

前回に引き続き「受験勉強と定期テストの両立」について話していきます。

高校1年生は始めてのテストという人も多いのではないでしょうか。高校の定期テストは中学までと違い科目数が大幅に増えしっかり復習しなければ赤点を取ってしまいます。

中学とは違い高校は義務教育ではないので進級できるかは成績によって判断されます。赤点を取ってしまうとその授業を履修出来てないと判断されることもあるのでしっかり勉強しましょう!ちなみに赤点は①平均点の半分以下②30点以下どちらかの場合が多いです。いずれにしろ普段からの予習、復習が鍵を握っています!

さて定期テストの両立に関しては山崎担任助手が教えてくれたように計画だてがとても重要です。1日のスケジュールを円グラフで書き出しこの時間を学校のテスト勉強、この時間は東進の受験勉強と視覚化してみましょう。

テスト直前は時間がないないと言って漫画やゲーム、スマホを触り時間を潰してしまうもの。頭の中で今日1日ずっと英語を勉強すると考えるのではなく、紙に何時から何時まで勉強するか書いてみましょう。意外と隙間時間が見つかり受講できる場合が多いですよ!

またテストと受講の両立は結局普段の予習、復習次第です。普段から予習、復習を行っている生徒は受講に関しても計画通り進め、そうでない生徒は定期テストもぎりぎりになって勉強し始め、受講もほったらかしている傾向があります。直前に焦りたくなければ普段の学習を1番大切にしましょう。

 

次回の更新は7/26(日)佐伯担任助手です!お楽しみに!

 

 

東進では現在、最大2講座を無料で受講できる「夏期特別招待講習」を行っております。

詳細は【こちら】をご覧ください。