日々の生活を繋げてみる | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 4月 20日 日々の生活を繋げてみる

 

 

こんにちは! 

担任助手の安藤です!

 

みなさん、新学年始まったと思いますがいかがでしょうか。

 

僕自身は大学2年になり、専攻分野である法律の授業が一気に増え、

(主に試験に対して)戦々恐々としています。笑

 

生徒の皆さんの中には、

高3になり高校の授業も受験モードになった人もいれば

今月から高校生になりました!って人もいると思います。

 

また、学年が上がっていくほどカリキュラムは難しくなっている(はず)ので

大変だなぁと感じている人もちらほらといるのではないでしょうか。

 

そんな人にぜひ覚えておいて欲しいことが2つあります。

 

①「受動的な学びに成長はない」

 

②「言われたことだけをやっていても面白くない」

 

2つとも僕が所属している合唱団の指揮者の方に言われたことなのですが、

勉強にも大いにつながると思うので書かせてもらいました。

 

2つとも言葉通りの意味なのですがかるーく説明しますと

 

①日頃から取り組んでいることに意義をしっかり持っているのといないのでは

やっていることが例え同じでも得られる成果が全く違うということ。

 

②上の①とも近いものがありますが、例えば指摘されたミスを言われるたびに直すだけでは時間がかかるし

直されるたびに気分も悪くなりますよね。

だけど自分のミスをしっかり分析すれば同じような過ちを繰り返すことはなくなります。

 

何かしら真剣に取り組んでいることがあれば

同じようなことを考えたこと、言われたことがあると思います。

 

それをぜひ勉強、学習面にも取り入れてあげてください。

勉強で学んだこと、部活で学んだことなど

精神的な部分では繋がっていると思います。

 

 

柔軟に考えて、

物事に励みましょう!