もぎさんNEW TYPE! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2015年 4月 16日 もぎさんNEW TYPE!

 

こんにちは、
2年生の茂木です!

ぶじ2年生になれました~~
安心です(;_;)


ちょこっと近況報告すると、
先日大学の友人と
京都に行ってきました。

レンタル着物を着て
ぷらぷら祇園を歩いていると


「Can I take one please?」
とフランス・中国・イギリスなど
多くの国からの観光客と
写真を撮る機会がありました!
(内心ドキドキでしたけど…笑)

 

みなさん京都の夜桜に
カメラのレンズを向けて
楽しそうでした。

異なるフィールドで育ち
文化も言語も違う人間同士
共通のことで感動を分かち合えることの喜び
はんぱないですね!笑

 

 

さてさて本題に入ります。


冒頭でさらっと流しましたが
無事お茶大の2年生になりました。

 

突然ですがみなさん、
大学ってどんなイメージですか?笑

 

 

ちなみに私のイメージは

人生の夏休み、サークル、バイト、テスト
海、スノボー…etc
(?!?!?!)

 

 

でも実際大学は想像していたよりも
はるかにアカデミック
”恐い”場所でした。

(おどしではないですよっ!!)

 

やりたいことがあるようで
実はぼやぼやだった1年生の私にとって
どの講義もすべてが新鮮で、学術的でした。

 

ちなみに私は
”生活者の視点で
社会科学を多角的に分析する”
学科に所属しています。

 

家政経済学、生活政治学、老人福祉学など
多くの学問が生活者の視点から
繰り広げられています。

 

ちなみに2年生では
政治学と統計学に力を入れて
勉強していくつもりです。

 

この学科では、
日々のささいな事象も”問題”となる。

逆にこの学科にいることで
ささいな事象に問題意識を持てるようになる。

 

私は昔から、人の発言に対して
「なぜ?」と考えることを
無意識に避けてきました。

「あっ、そういうものなんだ。」と

 

ですが、ただ情報を鵜呑みにすることは
自分の思考を停止させるうえに
価値観をつくり出すことが出来ません。


自分の意見を持てないと、
自分の行動に軸が持てず
自信を失いかねません。

自信をつけるような努力は
してこなかったので
自業自得なんですけどね。

 

 

自信はすべての行動の源になると思うので
自信を持ちたいです。
だから自信を”つける”1年にします。


人からの評価ではなく
自分で自分を認められるように、
納得のいく努力を積み重ねていきます。

努力してる人が一番かっこいい
と信じて!笑

 

ってことで大学卒業までの目標ですが、
勉強面に関しては公務員試験合格と
社会調査士の資格を取得します!

自分のキャリアを積んでいきたい
と思います。

 

みなさんも、いま自分は
何のために勉強しているのか?

誰かのためであるならそれは誰のため?

受験勉強の先に何が待っていますか?

もう一度問い直してみてください。

 

そして、その答えに素直になって
周りに流されず貪欲に
上を目指してください。

頑張りましょうね(*^^*)