センター試験同日体験受験まであと4日! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 1月 14日 センター試験同日体験受験まであと4日!

こんにちは!担任助手1年の山崎です!

今日は2020年1月14日。つまりセンター試験まで残り4日となりました。

受験生の皆さんはもちろんのこと、低学年の皆さんも同じ日に行われるセンター試験同日体験受験に向けて準備はできていますか?

この体験受験には、【共通テスト予想問題型】 と 【センター試験問題型】の2種類の受験方法があります。

東進生の皆さんは基本的に共通テスト予想問題型での受験となっています。なぜならご存じの通り来年度の入試にはセンター試験はありません。じゃあ共通テストの予想問題を受けようよ!ってことです^^

記述の導入などで右往左往している共通テストですが、1番の大きな変化は英語の配点だと思います。

従来のセンター試験では、《筆記:リスニング=4:1》でしたが、共通テストでは《筆記:リスニング=1:1》までにリスニングの比重が大きくなっています。

今まではリスニングが苦手でも筆記でよい点数が取れればあまり問題はない試験の形式でした。しかし、この配点になるとそういうわけにはいきません。

リスニングに関して、苦手だからできないなどと考えている人はいませんか?

そう考えてしまうと『苦手』を『得意』にしないといけないと考えてしまい、またリスニングへの苦手意識が高まってしまいます。

 

そこで!考え方を変えてみてほしいのです!

苦手だからできない」のではなく、「できないから苦手」なのです(よく考えると当たり前ですね^^)

簡単なことですが、リスニングに限らずこの考え方は大事だと思います。少しずつでいいので、まずは「できない」を「できなくはない」、そしてそれを「ちょっとできる」にする。この積み重ねが「できない」を「できる」に変えていきます。(つまり『苦手』が『得意』に!)

と、ここまでは考え方を変えるだけなので簡単ですが、難しいのはここから。そのために何をやるか、です。リスニングの勉強に関していうと、例としてまず挙げられるのは高速基礎マスターの音声学習です!使ったことのない生徒の皆さんも多いと思うので、ぜひ一度使ってみてください!

高速基礎マスターの音声学習では、単語や熟語、文法などの講座で音声を自動再生して学習できます。スマートフォンのアプリで簡単にできるので通学中にもオススメです!(自転車運転中はできませんが…)

他にも学校の授業中でやるリスニングや、高校のネイティブの先生との会話(自分が話すことで英語⇔日本語のスピードが上がるのでおすすめ!)、YouTubeなどで英語の音源を聞く、洋画を字幕で見る、など身の回りにたくさん教材はあります。

 

新高3の皆さんは来年の共通テスト本番まで残り368日です!長いようで本当にあっという間なので、今のうちから対策を始めましょう!