マスター4冠王に向けて | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 3月 17日 マスター4冠王に向けて

こんにちは!調布校担任助手2年の服部拓馬です!

学校の学年末考査の結果が帰ってきて一喜一憂している人がいるのではないかなと思います!
結果はどうでしたか??良かったという声が多く聞こえることを願っています!

これから春休みですね!春休みは夏休み前最後の長期休みです!
つまり、勉強時間がたくさん確保できる大事な期間です!この期間でやるべきことはたくさんあります!

その中で主にやってほしいのは受講高速マスター基礎力養成講座です!
受講に関しては前回のブログで片山担任助手が話してくれたので、確認してくださいね!

今回は高速マスター基礎力養成講座(以下「マスター」と称する)に関して話していきます!

1.なぜやらないといけないのか

皆さん、マスターをなぜやっているか理解してやっていますか?
多くの人が理解してやっていると思いますが、念のため伝えます。

それは英語の土台を盤石なものにするためです!!
英語の入試問題は長文読解がメインになってきます!
だからといって、長文の勉強だけすれば解けるようになるわけではありませんね!
土台となる単語熟語文法構文の知識があって初めて解けるようになります!

2.ルーティン化しよう!

マスターの話をすると、よく聞くのが、
「そんな早く終わりません!」「復習の時間が必要です!」
という声です!

これはやり方を直すことで改善できることです!

①マスターの実施回数を増やす 
②毎日過去に実施した分の復習時間を確保する

この2つを意識することで改善できると思います。②はやり方の問題ですが、①は気合いですね!

気合いと言いつつも、取り組んでほしいのはノルマを決めてルーティン化することです!
例えば、「朝100問、昼100問、夜200問」などです!
このように自分にノルマを課して、毎日やることが大事になってきます!

この際に楽なノルマを課すと、何も効果がなく、また、つらすぎるノルマを課すと、出来ないでルーティン化するのが難しくなるので、適切なノルマを調整する必要があります!

3.最後に

あくまで共通テストの英語の試験で良い点数を取るための手段として、マスターがあります!!

皆さん、点数を上げたいですよね!?4月の模試で結果を出して安心したいですよね!?

もし、そう思うのであれば、この春休みで基本例文まで完全修得して、4冠王になれるように頑張りましょう!!!

何か進め方でわからないことや不安なことがあれば気軽に受付にいる担任助手の人に聞いてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

次回の担当は佐々木担任助手です!お楽しみに!