ラストメッセージ 吉岡ver. | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2016年 4月 29日 ラストメッセージ 吉岡ver.

調布校のブログを御覧の皆さん! 

こんにちは。

 

同期で出場する最後の大会が迫っていて

毎日毎日ラクロス漬けな吉岡です。

(入部から1年と思うと感慨深いですね・・・)

 

 

竹内さんから紹介がありました通り

私、吉岡も5月の第一週目で

担任助手を卒業します。

 

ということで今日は私のラストメッセージを書かせていただきます。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

私はみなさんとは違う方法で大学に入学しました。

 

なのでふつうの人とは違うかもしれませんが

私目線で今思う事を書かせていただきます。

(大きく分けて2つくらいあります)

 

①何事も迷ったら挑戦

 

突然ですが、

私が慶應大学に行きたいとおもうようになったのは

高3の夏でした。

 

その時の私の成績は慶應大学になんて届くような成績ではありませんでした。

 

そんなとき、ほかの受験方式もあると聞き、

ただでさえ成績が足りないのに他のことに手を出すか

とてもとても迷いました。

 

ですが、

あの時受けていれば受かったかもしれない

と思う事がどうしてもいやで、私は受験することにしました。

 

私は自分の人生を通して

やらない後悔よりやる後悔だ

と思っています。

 

どうせ合格したからだと思う人はたくさんいるかもしれませんが、

迷った末にやって失敗したことも幾度となくあります。

 

ですが、私はその度に、

少し成長したなー

と思います。

(とてもポジティブですね)

 

失敗に対するとらえ方は人それぞれですが

メンタルコントロールはとても大切です。

 

 

話は飛びますが、私はラクロスをやっていて最近

自信って大事

ということをしみじみと感じます。

 

自信があるとプレーはうまくいきます。

一方で自信がないとミスが増えます。

 

このような経験皆さんはありませんか?

 

計算ミスするかもと思いながら数学の試験を受けるのと

満点とれるかも!と思いながらテストを受けるのでは

多少結果に差が出てくると私は思います。

 

だから私は、試験前や試合前はいつも

今日の私は調子いいぞ

と思いながら会場に向かいます。

 

皆さんも試験会場に向かうときは

自分のやってきたことを信じながら向かってください!

自分に自信がもてるくらい試験までに頑張って下さい!

 

 

話を戻しますね。

伝えたい事2つ目行きます。

 

②忙しいを言い訳にしない!

 

これははっきり言って自分に向かっているようなものです。

ですがきっと同じような人もいると思うので、心当たりある人は読んでみてください!

 

 

部活で忙しいから勉強できない

部活で忙しいから全部中途半端なのは仕方ない

 

これらって最低だと思いませんか?

 

それならばどうして部活をやっているのか?

という話になってきます。

 

自分がやりたいから部活をやっているんです。

自分の意志で自分で決めて部活をしているんです。

 

部活もやっていて、かつやってない人たちにも勝って

第一志望校に行きたいんですよね。

 

なら、それを言い訳にするのは違うと思いませんか?

 

私は違うと思います。

 

私自身もこの事が難しいというのはよくわかっています。

 

それでも欲張っているのは自分です。

 

そこは忘れてはいけないのではないでしょうか。

 

 

でも 部活生の皆さんならできるとおもいます。

何年もつらい練習に耐えてきています。

 

耐えてきた自分を信じて下さい。

耐えてきた自分に自信を持ってください。

 

 

最後になりますが、

1年間担任助手をやっていて、

生徒の皆さんはいつも面白くて

私のこともなぜかいつも励ましてくれて

とても楽しかったです!

 

とても考え方が偏っている私に

伝えられたことはほぼないかもしれませんが

今まで本当にありがとうございました。

 

自分に自信が持てるくらい頑張って。

自信をもって試験会場に向かって下さい。

 

 

心から応援しています!

 

これでラストメッセージを終わります。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

 

明日は天野担任助手のラストメッセージです!

調布校ラストをどんな風に飾ってくれるのか!

 

明日もDon’t miss it!!