一日の過ごし方 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2016年 12月 31日 一日の過ごし方

調布校のブログをご覧の皆さん、

こんにちは!!!

齋藤美帆です!!!

ついに今日で2016年も終わりですね!

振り返ってみれば、当たり前ですが2016年の始まりは受験でのんびりすることも出来ず(笑)

二月まで受験結果にドキドキしていました。

大学生活にも慣れ、サークルの合宿に参加したり資格試験に向けて勉強に励んだり、とても充実した一年だったと思います。

皆さんにとって2016年はどんな年でしたか?

充実していた方もしていなかった方も、2017年は今年よりも良い年になるように努力しましょう!

 

 

さて、今回のテーマは「この時期に伝えたい受験のノウハウ」です。

私からは一日の過ごし方についてお話したいと思います。

皆さんは毎日何時に起きますか?

7時!と自信を持って答える方がいると思いますが、まだまだ遅いです!笑

入試が始まる時刻は学校によって違うとは思いますが、一般入試では9時台に英語から始まる から始まるなんて普通のことなのです。

考えてみてください。7時に起きて脳はしっかりと働くでしょうか?

 もちろん働く人もいるとは思いますが、起きて時間が経たないうちは集中できないという人も多いと思います。

ましてや直前期まで、夜型生活をしていた方には起きてすぐにテストはつらいと思います。

 

早起きするメリットはそれだけではありません。

朝ごはんがゆっくり食べられる!というメリットもあります。

大急ぎでご飯を口に詰め込んで、走って駅まで行く、なんて試験当日にしているようでは結果どうこうではありません!笑

糖分をしっかりと吸収し、脳に栄養が行き渡った状態で入試に挑んでほしいです。

また、忘れ物の最終チェックをする時間ができますよね。

もちろん準備は前日に終わらせておくものですが、きちんと準備したつもりでも見落としていることもあります。

試験会場で気づいてからでは遅いので、早く起きてもう一度確認しましょう。

 

そして、もう一つ大事なことは、寝る時間です。

みなさんは何時に寝ていますか?

寝るのが遅いと、脳もスロースタートになりがちです。

勉強するために遅くまで起きているという人もいると思いますが、それでは結局効率が悪くなり、あまり意味がありません。

夜型の生活から朝型の生活に戻すのは簡単ではなく、3日やそこらでは戻せません。

もしも今夜型の生活が定着してしまっている方は、今日から生活習慣を戻していきましょう。

一日のやるべきことが終わらなくて寝られないと思っている方は、一度自分の一日の行動を書き出してみてください。

案外無駄な時間があるものですよ。

 

 

 では最後に、今年私がセンター試験の会場で勇気をもらったものをお見せします!!

 

じゃんっ!!!

なんと母がお弁当と一緒に入れてくれていました。

全く知らずにお昼の時間を迎え、単語帳を片手にお弁当を出そうとしていたら出てきたんです!!

緊張はしない方だったのですが、やはり本番でこんな私でも少なからず緊張していたみたいで、うるっときてしまいました笑

みなさんにも素敵なサプライズがあるかもしれませんね。

 

 

 

以上、2016年最後のブログでした!

記念すべき2017年最初のブログは横田校舎長です。

 それではみなさん良いお年を!

 

Don’t miss it!!!