一日特訓会の振り返り | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 12月 30日 一日特訓会の振り返り

東進ハイスクール調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!
調布校担任助手1年の片山です!

昨日12/30は、新高3、2年生向けの一日特訓会が実施されました。


まずは、この一日特訓会に参加した皆さん、お疲れ様でした!
8:30から21:30までの13時間、マスターから始まり、千題テスト、確認テスト、私大の過去問と盛りだくさんの内容だったと思います。

一日中ずっと同じ科目を勉強するのは、なかなか心身ともに体力のいることだったと思いますが、
それをやり切った自分を褒めてあげてください!

千題テストでは、一位の新高3生は9割を取りました!
5位までの表彰状を受賞した生徒に関しても、8割後半を取れていました。
普段から高速基礎マスターなどで、英語の基礎をよく勉強できている証拠だと思います。
次回行われる千題テストでも、高得点を目指して頑張りましょう!

最後の反省会で大森担任助手からも話がありましたが、千題テストの内容は英語の本当に基礎の部分です。できていなかったところはきちんと復習して、完璧にしてから2週間後の同日模試に臨みましょう!

 

同日模試が終わると、いよいよ本格的に受験生としての勉強量が必要になってきます。一日特訓会のあの勉強量が当たり前になってくるのです。いきなりあの勉強量を確保するのは難しいと思うので、徐々に勉強量を増やして、夏休みには一日15時間が当たり前になるように、体を慣らしていきましょう!

 

2020年も残りあと少しです。今年は例年に比べて、予想できなかったことや思い通りにいかなかったことが多かったと思いますが、今年一年お疲れ様でした!
受験生の皆さんも、新高3、2年生の皆さんも、体調管理には十分に気をつけて、新年も勉強を頑張っていきましょう!それではよいお年を!