共テ模試復習早めにやろう | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 25日 共テ模試復習早めにやろう

調布校ブログをご覧の皆様、おはようございます、こんにちは、こんばんは。2年生になった松島です。

模試の復習はもちろん始めていますよね?

本日は模試の復習について説明しようと思うので、ぜひ見ていってください。

①なぜ間違えたのかをしっかりと分析する。

各科目によって、分析の仕方は変わってくると思いますが、共通テストレベルだと出てくる問題は基礎的なものであったり、それを組み合わせて難しく見えるようにしていたりするだけです。間違ってる問題がある場合は、その分野においてまだ完全に理解できていないものが多いということになります。そもそも基礎知識がないと感じた方は、教科書やテキストに戻って再インプットし、知識はあるけど解けなかったという方は、解説をしっかりと読んで問題の流れなどを自分で再現できるように復習してみてください。

②復習をするときは関連する分野もしっかりと勉強しましょう。

皆さんは英単語を暗記するときや、ある分野の問題を解いている時に、急に関連した別の分野に関することが思い浮かんだりしたことはありませんか?この人間の習性をうまく利用してこの機会により多くのことを学びましょう!

③自分の結果から、自分で今後の勉強の予定を立ててみる。

受験は人間として成長するチャンスでもあります。ここで、自主的に勉強の計画を立てて、修正、実行する経験を積むことができれば必ず将来大人になった時に役立つと思います。実際、僕もちゃんと大学生としてこれらのことができている自信があります。もちろん、まだ不安のある人は自分で立てた計画を担任助手のところに持っていって、一緒に考えてもらえればより確実に立てることができると思います。

最後に

もう正直同じことを言われすぎて、飽きていると思いますが、模試は復習の方が肝心です。ちゃんと間違えたところをやればその分実力が伸びていきます。今できることを一つずつこなしていきましょう。